No MP3 No Life

Life is too short for boring Hi-Fi (DENSEN http://www.imaico.co.jp/densen/ のスローガンより)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
10年ぶり!

Soldier of LoveAmazonで詳しく見る by G-Tools

2010年 / Sade / SOLDIER OF LOVE (Epic)

シャーデーは英のユニット。実に10年ぶりとなる新作オリジナルアルバム(80年代から活躍していますが、寡作なためまだ6作目)

もう新作は聞けないんじゃないかなぁと少し諦めていました。しかし帰ってきましたよ。ありがとう!

もうシャーデーというフォーマットが出来上がっているので、10年ぶりといえど変わりません。聴けば分かる、シャーデーの世界です。10年たてば世間は結構いろいろ変わりますが、時代に媚びることなく変わらないこの芯の通ったサウンドを聴いていると、80年代からシャーデーを聴いてきた(私を含めた)おじさん世代は勇気が湧いてくるのではないでしょうか。

願わくば、今後も活動を続けてくれますように。

試聴:Sony Musicのオフィシャルサイトで。


スポンサーサイト
1月も終りかけの時期となってしまい、遅いご挨拶ではありますが、今年もよろしくお願いいたします。

昨年後半から仕事が忙しくなり最近は23時ごろの帰宅がデフォルト、午前様ということも度々あり、ゆっくり音楽を聞く暇もありません。というわけで全然更新できておりませんが、とりあえず細々と続けていこうとは思ってます。たまに思い出されてご訪問くださればありがたいです。

それでは、また。
ほーたーるのひーかーりー

ウィンター・カムス・アゲインAmazonで詳しく見る by G-Tools
2008年 / Keri Noble / Winter Comes Again (ビクターエンタテインメント)

ケリ・ノーブルはUSのSSW。クリスマスEPと別のEPを加えた日本独自企画盤でオリジナル8曲+カヴァー3曲となってます。

彼女の魅力は情感たっぷりに歌い上げるその歌声。時に力強く、時に繊細なその歌声は、聴く者を惹きつけてやまない魅力があり、私のお気に入りのシンガーのひとりです。ピアノを中心したシンプルな楽曲が多いのも好みです。

今作はクリスマスEPとツアー/iTunesで販売していたEPの組み合わせということで若干統一感がないのは仕方がないところかな。それ以外は概ね満足です。

(ちなみに去年購入したアルバムですが、やっと聴きました、笑)

試聴:ビクターの公式サイト

/F/US/POP/CHRISTMAS/FAVARTIST/
ゆったりとした時間

Les Souvenirs Sous Ma Frange-Special EditionAmazonで詳しく見る by G-Tools
2009年 / ROSE / Les Souvenirs Sous Ma Frange

ローズはフランス出身のSSW。2ndアルバムです。

試聴して、M-3 Yes We Didがもろストライクだったので購入。フォーク色の強いポップという感じで、同じくフランスのカーラ・ブルーニと雰囲気が似ていますね。アコースティックで全体的に暖かみがあり、ノスタルジックな雰囲気、印象的なコーラスなどが心地よいアルバム。フランス語歌詞に抵抗なければお薦めです。

試聴:myspaceで、"Yes We Did"が聴けます。

/F/EUR/POP/FAVALBUM/
「少女がボサノヴァを歌ったら」シリーズ最新作

a girl meets bossanova~blue moonAmazonで詳しく見る by G-Tools
2009年 / sofia / a girl meets bossanova~blue moon (エストゥエス)

ボッサ・カヴァー企画アルバムの"a girl meets bossanova"の最新作です。ヴォーカルはこれまでオリヴィア・ウォンでしたが、最近アジア7カ国でデビューしたばかりの新人ソフィア(フィリピン出身)に変わりました。美しい歌声ですが、ちょっときつさがあるかな。ブルー・ムーンをコンセプトにボサノヴァ調にアレンジされた有名曲たちはどれもしとっりと耳あたりがよく、休日の夜のリラクゼーションによい感じ。

日本に関係ある曲として"見上げてごらん、夜の星を"と"ハナミズキ"の英語詞カヴァーがありますが、出来はややもの足りず、"ビリーブ"(山口由子)の日本語カヴァーはなかなか心地よい。

試聴:ジャケのリンク先のAmazonで少し可。

/F/ASIA/BOSSANOVA/COVER/NDRIVE/
一番好きな日本人シンガーです。

ゴーストライターAmazonで詳しく見る by G-Tools
2009年 / 柴田淳 / ゴーストライター (ビクターエンタテインメント)

柴田淳は日本のSSW。そして私が一番好きな日本人シンガーです。通算7作目となるオリジナル・アルバム。

前作"親愛なる君へ"は柴田淳の普遍性を表すような内容で、そういう意味では代表作となるようなアルバムだと感じました。ただそのためかやや一般化された感じもあり、デビューから応援している身としては少し寂しい感じがしたこともまた事実。

しかし今作は尖がったり、へこんだりした、まさに今の柴田淳をリアルに切り出したアルバムだと言えます。これまでの柴田淳を表すために平らに均したものではないこのアルバムを、"親愛なる君へ"の次作としてリリースしてくれたことはファンとしてとても嬉しく、思わず一番好きなシンガーと(わざわざ言わなくても分かっているのに、笑)言いたくなりました。

P.S. "蝶"と言う曲が胸をつかんで離しません。

・・・
ここのところ帰宅が0時を回る日も多く、なかなかCDが聴けていません。当然更新もできていせんが、仕事ですから仕方がないですね・・・こんなご時世ですし

/F/JP/JPOP/FAVARTIST/
独特の歌唱法が印象的

In a DreamAmazonで詳しく見る by G-Tools
2009年 / gretchen parlato / in a dream (Obliq Sound)

グレッチェン・パーラトはUSのジャズ・シンガー。2ndアルバムです。

歌詞のある歌がもちろんメインですが、彼女自身が楽器にでもなったかのようなスキャットが多用されているのが独特で印象的です。バックの演奏陣も個性的で存在感があり、聴き応えのある力作と言えるジャズ・アルバムでしょう。ジャズに抵抗なければオススメ。

試聴:myspaceか、公式サイト

/F/US/JAZZ/FAVALBUM/



グッド・ミュージック!

BreakthroughAmazonで詳しく見る by G-Tools
2009年 / Colbie Caillat / Breakthrough (Universal)

コルビー・キャレイはUSのSSW。2ndアルバムです。

彼女のアルバムを聴いているとネガティブな言葉がでてきませんね。明るく、爽やか、ナチュラルで開放感があり聴いていて非常に心地よいです。自然とリズムを取ってしまいます。楽しいです。ニヤニヤできます(笑)。今作もポップスの魅力が詰まった内容で、1stアルバムが気に入った人なら聴かなきゃ損でしょ。そしてポップス好きなどなたにもオススメ。

上のamazonのリンクは通常輸入盤ですが、国内盤は7曲ボーナストラック入っています。私はこちらを購入しました。ボーナストラックも良い曲です。

ブレイクスルー+7ブレイクスルー+7

ユニバーサル インターナショナル 2009-08-19
売り上げランキング : 3151

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


試聴:公式サイト、myspaceで試聴できるようになっているのですが、なぜか私のPCでは再生できませんでした。一応リンクしときます。公式サイト(ギターをクリック)、myspace
また、上の国内盤のリンク先のamazonでも全曲試聴できます。

/F/US/POP/FAVARTIST/DDRIVE/
さてさてどこに向かうのか

Come to LifeAmazonで詳しく見る by G-Tools
2009年 / Natalie Imbruglia / Come to Life (Island UK)

ナタリー・インブルーリアはオーストラリア出身のSSW(、モデル、女優)。4thアルバムです。

前半・後半と結構印象変わります。前半がこれまでの彼女の延長線上。後半クリス・マーティン(Coldplay)提供曲の"Want"からはエレクトリックな雰囲気に変わりますが、これが結構微妙なでき("Want"含めて)。なんかいろいろな方向性を試そうとしているのか、彼女も30代半ばになり微妙な立ち位置にいることを伺わせます・・・。

試聴:公式サイトで。メニューの"Videos"から収録曲の"Want"と"Wild Again It"のプロモが見れます(相変わらず美しすぎる!)。Listen.jpで全曲少しずつ。

/F/AUS/POP/FAVARTIST/
カップリング曲は今度のアルバムには収録されないようですよ。

Love LetterAmazonで詳しく見る by G-Tools
2009年 / 柴田淳 / Love Letter (ビクターエンタテインメント)

柴田淳のNewシングルです。いつものしっとりとした柴田淳ですが、再生の機材のせいか、録音か、はたまた思い込みか分かりませんが、今までに比べより繊細さと透明感を増したように感じます。そのためか何となく現実感がありません。・・・そんなところもあってか聴いててなんか寂しーい。寂しすぎる。カップリングがなく、この曲で終わったらこのまま死んじゃうんじゃないかってぐらい寂しい曲でした(笑)

試聴:公式サイトのdiscographyから

/F/JP/JPOP/SINGLE/FAVARTIST/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。