No MP3 No Life

Life is too short for boring Hi-Fi (DENSEN http://www.imaico.co.jp/densen/ のスローガンより)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
やっと3台のラックの組み立てが終わり、主にフラッシュ・ディスク・ランチに入れていたCDを無印良品のPPストッカーから移しました。ついでにアーティスト名のABC順に並べていたので、時間がかかってしまいました。土曜日も仕事だったので疲れました・・・。

外観
cd_rack_07


中身
cd_rack_08


かなりみっちり埋まってしまい結構重そうですが、思ったよりも取り出しの動きはスムーズにできます。丁寧に引き出せば(笑)問題はありません。

アーティスト名のABC順に並べ替えるので、空きプラケースを使ってこんなものもついでに作りました。インデックスです。
cd_rack_09


こんな感じ。
cd_rack_10


かなりすっきり収納できるようになりましたが、想定外だったのは思ったよりもラックがCDで埋まってしまいました。いったい何枚あるんだよ、近い将来もう1セット買うことになりそうです・・・
スポンサーサイト
すき間収納型のCDラックを3つと、カバー1つを購入しました。が、今日はカバーとラック1つを組み立てて力尽きました・・・。残り2つのラックは明日か土曜日にでも組み立てます。

cd_rack_06


このラック1本でCDが400枚入ります。フラッシュ・ディスク・ランチに入れたCDならば3倍の1,200枚!、とは言わないまでも1,000枚ぐらいは入りそうです。・・・と、いうことで試しに少し入れてみました。1段の半分に50枚が余裕で入りました(写真の中央やや上の段が入れたところです)。11段ありますので、1,100枚は入りそうですね。ということは3本でCD3,300枚!なんて省スペース(笑)

まぁ実際には1,100枚入れたときのラック全体の重さなども考えてそこまで詰めるかどうかは考え物ですが、とにかくかなりの省スペースにはなりそうです。これなら今後買うCDはプラケースのままでもよいかなー。
日々増え続けるCDの収納に悩んだ末に、プラケースを捨てフラッシュ・ディスク・ランチ+無印良品PPストッカーという手段を選んだ分けですが、昨年5月に引越ししたことで現在見直し中です。見た目、収納効率、拡張性とかですね。

で、いろいろと悩んでいたわけですが方向性が決まったのでまずは第一弾。扉つきのCDラックです。
cd_rack_01

(左下に見える白い物体はこれも今年購入したオイルヒータ。エアコンが付けられないので)

開けたところ。
cd_rack_02


400枚程度収納可能です。とりあえず部屋に積み上げていたCDを詰めました・・・が入りきりませんでした。部屋に400枚以上CDを積み上げていたわけですか・・・。見た感じはそれほどないように見えたんですが(笑)。400枚しか入らないのでもともとこのラックだけでは所有しているCDすべては入らない訳で、それでも購入したのは最近購入したCDやよく聴くCDをこのラックに入れようと思っています。

cd_rack_03


そしてこのラックは扉にCDケースを飾ることができます。まぁこういうふうに趣味がモロにでますので、人目を気にする場合は飾るCDを選びましょう(笑)
cd_rack_04


近くで見るとこんな感じ。ラック全体はホワイトなんですが、このCDを飾る扉のハンドルはシルバーなんですよね。これも白が良かったなー。
cd_rack_05


特に出来合いに不満はありません。組み立てもそれほど難しくありませんでした。ただ高さ160cmに比べ奥行き20cm程度と高さに比べ薄いです。省スペースなのは良いのですが、地震が来たらちょっと怖いですね。一応一番下は奥行き28cmの板がついていて安定するようになっていますが、つっかえ棒でもつけようか考えています。(転倒防止補助金具が付属していますが使いません)

さて、お次はPPストッカーに入れたCDを移し変えるCDラックを購入予定。これはすき間収納タイプのCDラックにする予定です。

ちなみにこのラックは楽天のゲキカグさんで購入しました。
増え続けるCDと格闘した結果、今はこのような収納方法に落ち着きました。

無印良品のPPストッカー・追加用。これは1つでCDが約34枚入ります。これを6段3列で積み上げてます。さらにこの写真以外のところに10個ほどあります。
CD収納_1


(CDのおまけのステッカーをべたべた貼ってるのは見なかったことにして下さい、笑)

ただし普通にCDを入れただけではこれだけのストッカーがあってもせいぜい1,000枚程度しか入りません。なのでCDのプラ・ケースは捨て、フラッシュ・ディスク・ランチに移し変えて入れてます。これでだいたいストッカー1個に70-80枚程度はCDが入ります。こんな感じですね。
CD収納_2


これでかなりの省スペースになりました。問題はフラッシュ・ディスク・ランチに移し変えることをさぼってると1枚目の写真のように新たに購入したCDのタワーが手前に立っていくこと(笑)、真面目な話としてこのままでは大きな地震がきたときに崩れて被害が甚大になるだろうということ、ですね。なんか対策しないといけないなぁ。とりあえず積み上げているのを連結しておくかな(ストッカーは上蓋を外せば上下に連結できるようになっています、今は上に重ねて置いているだけなので・・・)。
土曜日が仕事だったため、今日は一日家に引き篭もり休養をとる。手持ちのCDをプラケースからフラッシュ・ディスク・ランチに移し変えているところなので、家にいるついでに今日は400枚ぐらい移し変えた。

このフラッシュ・ディスク・ランチ、収納効率は良いのだが製品の品質にばらつきがあるのはいただけない。特にCDそのものを入れる不繊布のサイズがかなりばらばら。CDが収まるサイズならあまり問題ないのだけど、たまにほんのちょっとだけCDが収まらない奴がある。それも結構な割合で。まぁ記録面が収まらないというものは今までなかったのでよしとしてるが、ここらへんはなんとかして欲しいなぁ。


だいぶCDの収納に占領されてきたスペースが空いてきたので部屋の模様替えをしたくなってきた。オーディオ機器が増えたのでオーディオラックを入れるか、でもPC周りも整理したいしなぁ。悩むところです。こういう悩みは結構楽しいですが(笑)。

増え続けるCDのため、とうとうプラケースとの決別をした管理人です。さっそくフラッシュ・ディスク・ランチをタワーレコードで200枚分ほど購入、暇を見つけて移しかえをしてました。

そして150枚ほど移しかえたわけですが、うん、いいですね、これ。厚手の塩ビでしっかりした作り(材質が塩ビというのはちょっと抵抗ありますが)。もちろんプラケースより薄いので、見る見るCDラックに空きが出来てきて見ていて気持ちいい。

こんな感じ
flash_disk_lunch


1年2年経ってCDの状態がどうなってるか(そりとか張り付きとか)若干不安も残りますが、ネットで検索した限り、トラブルらしいトラブルは見当たらなかったので、本格的に移行をすることにしました。まぁ湿気には注意しとかないといけないかなと思いますが。

ということで、とりあえず追加で7パック(350枚分)をネットで発注(4パック店頭で買ったら結構重くて持ち帰りがしんどかった・・・)。さて、年内に2,000枚移し変えることができるかな?
iTunesに入れたCDは先日1,000枚を越えましたが、まだまだ入ってないCDがたくさんあります。そして、CDそのものの数も増え続けていて、いったい今何枚ぐらいあるんだろうか・・・。

過去CD収納に頭を悩ませたとき、CDを34枚収納できる無印良品の"PPストッカー・追加用"という奴に入れて縦横に積み上げていくという方法をとることにしました。これは当時としては結構よい方法で、すっきり片付いてくれました。

が、あっさりと限界がきました。現在ストッカーの数が50個を越えておそらく60個近くあり、さらに部屋にはストッカーに入りきれずに縦積みになったCDが100枚を越えています(ということは、CDが2000枚近くあるわけか)。

うーむ、こまった・・・これ以上ストッカー増やす場所ないし。

私はCD売らない人なので、まぁ買い続ければこうなることは分かっていたけど・・・。とうとう最後の手段、CDケースをプラケースからソフトケースに変えるしかないか。ソフトケースに入れることで厚みが約1/3になり、全部入れ替えると単純計算で今の3倍入るようになる計算。3倍・・・6,000枚?死ぬまでこれでいけるな(笑)。

昔もソフトケースの導入は考えましたが、やっぱりプラケースを捨てるなんてできないっ!なーんてことでやらなかったのですが、仕方ない・・・これからこつこつと暇を見つけてソフトケースに移していくか。・・・あぁでもやっぱり広い部屋に住みたいなぁ(笑)。

あ、使用するソフトケースはとりあえず、定番の"フラッシュ・ディスク・ランチ"で。

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。