No MP3 No Life

Life is too short for boring Hi-Fi (DENSEN http://www.imaico.co.jp/densen/ のスローガンより)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
LAMEのオプションを --preset fast medium に決定としましたが、--preset fast standard に変更。ブラシーボ効果には敵いませんでした(笑)。人間の心理とは弱いものです。
スポンサーサイト
3年前に発売したアルバム、"Songs About Jane"がいまだに売れ続けているMaroon 5の、これはアコースティック・ライブ・ミニ・アルバムです。

B00029YQPEAmazonで詳しく見る by G-Tools
2005年 / Maroon 5 / 1.22.03.Acoustic

収録曲は、"This Love"、"Sunday Morning"、"She Will Be Loved"、"Harder To Breathe"、"The Sun"とおなじみの曲ばかり。ビートルズの"If I Fell"のカバーもありこれがまた泣かせます。ボーナストラックにAC/DCの"Highway To Hell"のカバーが収録されてますがアルバム全体からは当然浮いていて、これはまぁご愛嬌ということで(笑)。

出来はというと、Maroon 5のソウルフルな面が際立ちまくっています。原曲もいいけどライブ・バージョンはさらに良いですよ。

そしてManday&Co.さんのHappy Mandyでも紹介されてるように今流行のサーフ・ミュージックが好きな人にもよさげですね。

んで、そろそろオリジナルの新作だしませんかねぇ。9月にライブ・フル・アルバムが出るようですが、CCCDか・・・。

//My iTunes Total: 11,801 Songs , 933 Albums
私がはじめてMP3プレーヤーというものを買ったのは1999年、当時のダイヤモンドマルチメディア社から発売されていた"Rio500"でした。内蔵メモリ64MBで確か3万円以上はしたと思います。転送ソフトの扱いにくさや日本語化に四苦八苦したのが懐かしいですね。Rioブランドはその当時はMP3プレーヤーの先駆けでしたが、あれからわずか6年、時代は大きく変りました・・・。少し寂しいですねぇ。

これがRio500。当時のMP3プレーヤーとしてはかなりスタイリッシュで操作性も優れていた。
rio500


「Rio」販売終了、全世界で撤退


2005年の超目玉新人だそうですが・・・

B00096S3PYAmazonで詳しく見る by G-Tools
2005年 / KEYSHIA COLE / THE WAY IT IS

このアルバムはそれほどのものは感じませんでした。
話題性は十分(ジョン・レジェンドとの共作&カニエ・ウェストプロデュース曲があったり、イヴとの共演や、アリシア・キーズ、ブラック・アイド・ピース、マイヤ、アシャンティ、ジャ・ルールらのプロデューサー達の参加など)。そして曲調は今の音楽の主流であるR&B+ヒップホップ。私はこれがちょっと趣味ではないところもこの評価に関係してるかもしれないけど。

豪華なプロデューサー陣にしては曲が結構凡庸。他のイマドキのR&B女性シンガーと一線を画するほどのものはないですねぇ。まだまだ若いのでこれから期待というところでしょうか。

M-7 YOU'VE CHANGED はなかなかエモーショナルで良かった。

//My iTunes Total: 11,794 Songs , 932 Albums
ちょっと気取ったデートのBGMに丁度いいアルバム(笑)。

B00004R7HLAmazonで詳しく見る by G-Tools
2000年 / Workshy / clear

ワークシャイの音楽は俗に言うお洒落系って奴で括られますね。なんせCDジャケットに女性ファッション雑誌の広告が折り込まれるぐらいです。スイング・アウト・シスター、ヴァーシア、クレモンティーヌ、レイラ・ホワイトあたりがその代表格でしょうか。ワークシャイも負けてませんね。

このアルバムはとにかく聞くだけで甘く、心地よい、そして豪華な気分(ここが重要)にさせてくれるアルバムです。気分よくさせてくれることへの徹底振りがすこぶる気持ちよく、これはもうコンセプト・アルバムといっていいでしょう。特に20台以降の女性でこのアルバムを聞いて不快な思いをする人はまずいないのではないでしょうか(偏見かな・・・)。車のデートのときにまだ相手の好みなどがよく分からなくて持っていく音楽に迷ったら、とりあえずこれ持っていっとけば間違いなし(笑)。

M-11 Love Squall は国内盤ボーナストラックで、ルパン3世のエンディングなどに使われていた、名曲"ラブ・スコール"のカヴァーです。もちろん英語版。このワークシャイのカヴァーはハマりすぎで、この曲をワークシャイに歌わせた人はほんとすごいよなと思いますね。

実は、以前彼らがブルーノートでライブを行ったことがあるんですが、いろんな気持ちをいっぱい詰めて、当時意中の人とそのライブを観に行ったことがあります(ベタですみません)。いっぱい詰まった気持ちがその後どうなったかは聞かないで下さい(笑)。まぁ・・・思い出深いアーティストです。

//My iTunes Total: 11,782 Songs , 931 Albums
今までMP3のエンコードには、LAMEのバージョン3.92をCBRの192Kbps、STEREOでやってました。なんでCBRでSTEREOなのかというと、だいぶ昔からMP3は使ってましたが、当時のエンコーダーはどれもVBRやジョイントステレオの音質が悪いと感じてたからで、それを今まで引きずってたわけですね。

今までの設定で音質的にも結構満足してたんですが、最近ふとしたきっかけでちょっと見直してみました。で、結果としてバージョンは最新の3.92a11、オプションはpreset fast mediumに変更。バージョンについてはアルファ・バージョンなのでまだ開発中のものですが、まぁ問題ないかなぁと。オプションについてはいろいろとサイトを検索してLAMEのVBRやジョイントステレオは良さそうだという事が分かり、最終的にはいろいろ自分で試し聞きしてこのオプションに決定。

preset fast medium と preset fast standard のどちらにするか結構悩みました(standardのほうが音質はよいとされている)が、聞いた感じ私には差がほとんど分からないレベルでしたので、出来上がりのサイズが結構違う(1曲あたり1M以上は違う)のでmediumに決定。ソースによってはmediumとstandardは使い分けるかとは思いますが。おおむね音質・サイズともに満足のいく結果になったかなと思います。

ただ、LAMEのフロント・エンドにRazorLame1.1.5を使用してましたが、LAMEのバージョンを3.92a11にあげるとエラーが発生してそれが解決できなかったため、LIFEに変更せざるを得なかったのが想定外。

なお、これらを決めるに当たり、AnonymousRiverさんのサイトを大変参考にさせて頂きました(というかそのまま使ったw)。ありがとうございました。

LAMEはほんと音質いいですよ~。

スカコア、エモコア系をたまに聴くことがあります。このアルバムは以前たまたま買ったアルバムですが、なかなかポップでよかったですよ。

B00000J7ZFAmazonで詳しく見る by G-Tools
1999年 / THE STEREO / THREE HUNDRED

リンクしているアマゾンのカスタマーレビューが異様に熱いのでそちらをどうぞ~。

//My iTunes Total: 11,771 Songs , 930 Albums
ダンスホール・レゲエの新デーヴァ、トリニティのデビュー・アルバム。

B000803F72Amazonで詳しく見る by G-Tools
2005年 / TRINITI / raggA hoP

正直に言いますとPV買い。M-1 Fa Da Love of da Dancehall のPVがチョット前によく流されていて、そのPV見て気に入っちゃった訳です。セクシーですよねぇ。このアルバムはレゲエ・ヒップホップ・R&Bをほどよくミックスした感じに仕上がっていて、ダンス・チェーン一辺倒ではなくしっとりと聞かせる曲もあります。歌もなかなか上手いですね。身長小ささそうですが、結構パワフルに歌ってます。M-8 Do You Really Want to Hurt Me はカルチャー・クラブの同名曲をネタにした曲。そういえばダイアナ・キングも同じ曲をカヴァーしてましたが、レゲエ・ヒップホップ・R&Bのミクスチャーという点ではこの二人は似てますね。ダイアナ・キング好きなら結構いけるかも。他はラヴァーズ・ロック風のM-11 Everyday, がなかなかよかった。

彼女、膝の故障がなかったらテニスの選手になっていたかもしれない(大学はテニスの奨学生)らしく、その美貌・セクシーさから「レゲエ界のシャラポワ」と呼ばれているとか(笑)。

//My iTunes Total: 11,758 Songs , 929 Albums
"シャーデーの再来"と言われた、ネオ・ソウル系の2003年ニューカマー、リアン・ベンソンの1stアルバム。

B0000CF340Amazonで詳しく見る by G-Tools
2003年 / Rhian Benson / gold coast

ジャジーな音に抑揚を抑えた歌い方は確かにシャーデーを意識させます。ただ声にシャーデーほどの存在感がないのがちと残念なところ。まぁ"シャーデーの再来"なんてキャッチ・コピーはセールスのためだけであって、本人は全然そういう気はないだとは思いますが。シャーデーを意識しなければ、プロデューサー、演奏者もネオ・ソウル系の一流どころを揃えていて、雰囲気もよく、よいアルバムだと思います。ピアノが絡むジャジーな曲がなかなかよいですね。アフリカ系の父を持つ(ここらへんもシャーデー・アデュと同じですね)ためエキゾチックな曲もあります。

//My iTunes Total: 11,744 Songs , 928 Albums
はい、HMでございます。普段HMは聴かない管理人です。それを知ってる会社の後輩が当時薦めてくれたのがこの1枚。

B00000IBDSAmazonで詳しく見る by G-Tools
1999年 / Ten / SPELLBOUND

このバンドの売りはメロディアスなハード・ロック、そして甘く切ないバラードらしい。うん、確かにこれなら普段HM聞かない人でも結構聴けるアルバムです。
M-11 Phantom のハードチェーンからラストの切ない美メロバラード M-12 Till The End Of Time への流れなんかなかなかいける。

//My iTunes Total: 11,730 Songs , 927 Albums
お盆休みも今日で終わり。明日からまた仕事ですが、これはそんな憂鬱を吹っ飛ばすアルバムです。とにかくすばらしいの一言!聞き入ってしまいました。

B0009WJ3HUAmazonで詳しく見る by G-Tools
2005年 / Jason Mraz / MR.A-Z

彼は今話題のトリスタン・プリティマンの恋人だそうですが、音楽に関しては彼のほうが遥かに才能を感じさせますね。ひさびさにインパクトのあるアーティストに出会いました。全体的に女々しい感じが漂うけどそこがまた才能を感じさせます(笑)。

音楽的にはいろんな音楽の要素を取り入れていて一言で説明するのは難しいですが、とにかくメロディーが綺麗で素晴らしいです。歌も上手い。そしてとても聞きやすいのもいいですね。

ジェイソン・ムラーズって誰?って人は、とりあえずだまされたと思って一度どこかで視聴して欲しいですね。是非とも聴いて欲しいアルバムです。

//My iTunes Total: 11,718 Songs , 926 Albums
女性版ジャック・ジョンソン(ややポップより)、トリスタン・プリティマンのデビュー・アルバム。

B0009XE8B0Amazonで詳しく見る by G-Tools
2005年 / Tristan Prettyman / twentythree

M-1 Love Love Love が既にFMやスカパーの音楽専門チャンネルでへヴィー・ローテーションされてますね。私は Mandy&Co.さんのブログ で彼女のことを知ったんですが、いいですねー彼女。アコースティックな音とどこか懐かしい感じのするメロディ、そして彼女の声!私にビンゴです。むちゃ好みの声。全編爽やか、リラックスして涼しめる1枚です。

M-5 Shy That Way は実際に恋人同士でもあるジェイソン・ムラーズとのデュエット曲。実はジェイソン・ムラーズも前から気になっていたアーティストの一人で、恋人同士だとかこのアルバムに参加してるなんて知らずに彼の新譜("Mr.A-Z")と彼女のアルバムを一緒に買ってました(笑)。まだ彼のアルバムは聞いてませんので、ご紹介はまたの機会に。

聞きながらこの記事書いてまして、懐かしい感じのするメロディーということを前半に書きましたが、聴き進めていくほどにほんとなんか懐かしい、郷愁を誘うような曲が続いてます。なんでしょうかねー彼女の曲は優しい感じを受けるからなんでしょうかね。

//My iTunes Total: 11,705 Songs , 925 Albums
自信をもっておすすめできるソウル・アーティスト、トニー・リッチの1枚。彼はプロデュース、アレンジ、作曲、演奏をこなすマルチなアーティストで、ニュー・クラシック・ソウルの立役者の一人とも言われています。

B0000013GLAmazonで詳しく見る by G-Tools
1995年 / The Tony Rich Project / WORDS

癒し系の美しいメロディーとフォーキーな生音中心の演奏、そしてなにより彼の声がすばらしい。淡々としながらも切々と歌うスタイルに声がぴったりマッチしてます。男性ソウル・シンガーの中では一番好きな声かも。

このアルバムは全体的にどこか切ない雰囲気が漂ってますが、決してベタな泣きアルバムではなく、音的には結構爽やかな感じ。夜ひとりでリラックスして聞くにはいい1枚です。

M-2 NOBODY KNOWS、M-10 MISSIN' YOU はベイビー・フェイス好きなら必聴!

//My iTunes Total: 11,692 Songs , 924 Albums
アコーディオン、木琴、クラリネット、ストリングスなどを取り入れた幻想的でドラマティック、かつそれがとても新鮮!なロックを聞かせてくれるカナダのロック・バンド、アーケイド・ファイアのファースト・アルバム。

B0006ZRX86Amazonで詳しく見る by G-Tools
2004年 / Arcade Fire / FUNERAL

カナダのバンドですがUKでも人気がかなりあるようです。たしかに音はUKっぽいですね。というか私はこのアルバム買うまでUKのバンドだと思ってました(笑)。アコースティックスな楽器が目立ってややおとなしそうなイメージがありそうですが、実際聞いてみるとかなり熱い演奏でした。

M-4 Neighborhood #3 (Power Out) が、現在スカパーの音楽チャンネルで結構PV(画面がセピア色で雪の中、小人が街を次々と停電させたり街灯壊すアニメのPV)が流されている木琴が印象的なあの曲。M-6 Crown of Love はストリングスが美しいダイナミックな好曲、ちょっーとだけクイーンっぽい。このほかもいい曲が多く、所謂捨て曲はなし、と言えますね。

そしてアルバム・タイトルのフューネラルは、なんとまぁ「葬式」という意味なんですが、これはこのアルバムを完成させるためにこのバンドが9つの葬儀と1つの婚礼を経てきたというところからきてるようでして、これひとつとっても個性的なバンドであることが分かってもらえるんじゃないでしょうか。とにかく独特な世界観を感じさせるアルバムで、これ結構気に入りました。これからも追いかけていこう。

ああ、そうだ。今年のサマソニに来るそうですよ。

//My iTunes Total: 11,682 Songs , 923 Albums
名曲 PLAY THAT FUNKY MUSIC を収めた、ワイルド・チェリーのファーストアルバム。

B000002576Amazonで詳しく見る by G-Tools
1976年 / Wild Cherry / Wild Cherry

とにかく、PLAY THAT FUNKY MUSIC サイコー。この季節、ドライブにもっていくと盛り上がることうけあい。エアコン切って、窓開け放して、大汗かいて一緒に大声で歌いたくなる曲です。カヴァーも多く、またウォークマンのCMにも使われていたので、なんらかの形でこの曲に接したことがある人がほとんどではないでしょうか。
あと、M-7 HOLD ON は汗かいた後のクールダウンに丁度いい、ゆったり目のナンバー。これもおすすめ。

しかしこの人たちほんとに白人?ッて思うほど、黒いなー。残念ながらPLAY ~以外でヒット曲がなくアルバム4枚だして解散。一発屋という見方が大勢ですが。

//My iTunes Total: 11,668 Songs , 922 Albums
2005年8月4日。ついにここ日本でもiTunes Music Storeが開始されましたね。

早速アカウント作ってざっと見てみましたが、だいたい1曲150円、洋楽のアルバムが1500円。私的にはちょっと高いかなぁと思いますねー。輸入盤のCDなら少し時間を置けばAmazonやHMVのサイトでこれ以下で買える場合がありますからね。だすとしても1,000円ぐらいかなー、せいぜい。邦楽のアルバムにいたっては、2,000円とか2,400円とかもありますね。たけぇよ。

少しいいなと思ったのが、「Digital Box Set」というiTMS独自の企画コンテンツ。1アーティストの既存曲、未発表曲、レア音源などの全部入りセットです(例えば、B'z のセットは340曲で18,800円)。ツボのアーティストなら買ってしまいそう(笑)。

まぁ当面は気になるアーティストがiTMS独自配信版を出したりしたらひょっとしたら買う程度かなぁ、と思ってます。

ということで個人的な利用はあまり機会なさそうなんですが、それとは別に、iTMS上陸は日本の音楽業界にとってはまさに黒船来襲!でしょうから、これを気に今の閉塞気味な日本の音楽コンテンツ業界が少しでもよい方向に向かってくれることを祈ります(価格的にはもうちょっと頑張って欲しかった)。
ボブ・ベルデンがプロデュースした、ビートルズ、プリンス、ブルー・ノートのヒット曲のジャズ・カバー(ヴォーカルはカサンドラ・ウィルソン、ジェリーサ、ダイアン・リーヴスら!)を、さらにロンドン・ニューヨークのリミキサーがリミックス!

1998年 / V.A. / COME TOGETHER - DJ REMIX JAM

そうして出来上がった曲は、ジャズを基本にクールなハウス、ドラムンベース、アンビエント、ファンク!。かなーり、ディープです。真夏の太陽はまぶしすぎる世界が広がってます。汗かきながら聴くアルバムではありません(笑)。深夜に溺れるためのアルバム。涼しくなりますよ。

1.Come Together [Newbreed Funk Mix]
2.Hey Jude [amalgamation of soundz funky mix]
3.Lady Madonna [Romatt's friday night vocal mix]
4.When Doves Cry [Kingsize drum'n'base]
5.It's The Boogie [Jazzy Groove mix]
6.Blue Train [Oztone mix]
7.Get Back [funky house mix]
8.Kiss [Newbreed Funk Mix]
9.Tomorrow Never Knows [Ambient Mix]
10.Come Together [Kingsize drum'n'base]

//My iTunes Total: 11,658 Songs , 921 Albums
マット・ビアンコ最新作(2004年発売ですが)はオリジナル・メンバーが集まり最高にクール&スムースなファンク&ラテン・ミュージック(ファンカラティーナ)のアルバムです!

B0001ZX1GOAmazonで詳しく見る by G-Tools
2004年 / MATT BIANCO / MATT'S MOOD

私的にはバーシアの復帰がかなり嬉しい(メインヴォーカルはってる曲も多くあり)。そして今作は最近のマット・ビアンコに比べかなり大人な音になってるのがいい!またそれがかっこいいんですよ。お子様お断り!な感じ。インストですがアシッド・ジャズ風のM-10 MATT'S MOOD III、もいい感じです。

これはまじおすすめの一枚です。ただ曲数が10曲とちょっと少なめで、あっという間に終わってしまいます。もちろん曲がいいからそう感じるんですが。"あーもう終わっちゃったよ・・・残念、もっと聴きたいなぁ"って思わせてくれるアルバムですよ、これは。なかなかこう思わせてくれるアルバムは少ないです。

真夏の夜のドライブに行くなら、この1枚は必携!

//My iTunes Total: 11,648 Songs , 920 Albums
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。