No MP3 No Life

Life is too short for boring Hi-Fi (DENSEN http://www.imaico.co.jp/densen/ のスローガンより)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
某掲示板ウルトラゾネスレで話題のケーブルATC-GL44AをDJ1PROに指したところ、うちの環境ではあまりに刺激的で攻撃的な音だったため使用を断念した、ということを以前のエントリーで書きました。

dj1pro4


しかし話題になるのも頷ける音だったのでなんか使い道がないかなと思っていたところ、丁度いい塩梅になる音を見つけました。

それはPCでの再生です。

以前からCDPで再生する音に比べ、PC再生の音質には不満がありました。DA53とAT-HA5000を通してもPCで聴くとダイナミックレンジが狭く感じ、情報量も少なく、全体的に薄っぺらで篭ったような音になるのです。まぁ非可逆圧縮音源ですから当然なのかもしれませんが、可逆圧縮の音源でもその不満はあまり解消されませんでした。こりゃサウンドカードなどのPCからの音だし部分を見直さないといけないなぁと思っていたのですが・・・。今回たまたま試しにDJ1PRO+ATC-GL44Aの組み合わせで聴いてみると、レンジが広がり情報量も増え、音にかなりの実体感を伴うようになりました。そして音がかなりクリアになったのです。CDPでの再生ではあれほど暴れまわっていた高域・低域が、PC再生、圧縮音源というマイナス分で丁度いい頃合に落ち着いてくれた感じです。

PCで圧縮音楽を聴くのは音質よりも利便性を優先するとき。1万曲を超える音源を蓄えたライブラリから、クリックひとつで聴きたい曲が聴ける便利さはやはり魅力的です。その利便性はそのままに、かつ音質もある程度満足させてくれる存在として、DJ1PRO+ATC-GL44AはPCで音楽を聴く上で欠かせない組み合わせになりそうです。

■関連エントリー
DJ1PRO + ATC-GL44A + AT-HA5000 = ?
ULTRASONE DJ1PRO 感想追記



ちなみに現在の再生環境は 下の図のようになってます。

配線01


DA53をUSB直でPCにつなげるとPCからでる音はすべてヘッドホンでしか聴けなくなってしまうので、もともと使っていたSE-U55GX(B)をかませて分岐させてます(DA53のヘッドホン出力を使う手もありますが、なんとなくこの方法に)。

さらにPCでDVDも見るため、パススルーができないSE-U55GX(B)の代わりにSound Blaster Digital Music LXをつなぎ、SE-DIR2000Cに繋げてます。

USBオーディオデバイスを二つ接続するといういびつな構成になってしまってますね・・・。切り替えはサウンドとオーディオデバイスのプロパティで行い、今のところ使用に問題はありません。が、いつかはどうにかしたいところです。PC周りの再生環境どうしようかなぁと悩むこの頃。
スポンサーサイト
かなり懐かしい1枚。

Can't Fight FateAmazonで詳しく見る by G-Tools
1989年 / TAYLOR DAYNE / CAN'T FIGHT FATE (Arista)

テイラー・デインは主に80年代後半に活躍した女性ヴォーカリスト。私はかなり気に入ってました。結構独特で決して美声とはいえない声でしたが、黒人?と思わせられるほどソウルフルでパワフルな歌声がすごく良かったし、無茶苦茶かっこよかった。そんな声質から主にビートが効いた(笑)曲を多く歌ってましたが実はバラードも絶品。ダイアン・ウォーレンが曲を提供したりと、テイラー・デインの歌うバラードに良曲が多かったのもありますが、それに負けることなくエモーショナルに歌い上げる彼女の歌声には痺れたものです。このアルバムにも2曲の名バラード(M-3 LOVE WILL LEAD YOU BACK、M-7 I KNOW THE FEELING)が収録されてます。これ聴くためだけにアルバム買ってもいいくらい。他の曲も当時の水準以上の出来なので80年代に興味がある人は聴いてみても損はないアルバムではないしょうか。

残念ながら90年以降の彼女については知らない(90年代私はほとんど音楽を聴かなかった暗黒時代なので、笑)のですが、今はどうしてるのかなぁ。

このヘッドホンで聴きました:ATH-AD2000
古いアルバムなので音質的に仕方がないところもありますが、AD2000にがんばってもらいました。というか時間がなくてAD2000でしか聴けませんでした。
イタリアのレーベル、"SCHEMA"の1枚。

Luz y SombraAmazonで詳しく見る by G-Tools
2005年 / s-tone inc. / luz y sombra (SCHEMA)

私には"このレーベルから出てるCDを見つけたらとりあえず買っとけ"なレーベルがいくつかあります。例えばNaked MusicやNarada(は最近買ってないな)がそうなんですが、このSCHEMAレーベルもそのひとつ。

SCHEMAはイタリアのレーベルで、イタリアン・クラブ・ジャズ+ラテンミュージック(特にブラジル音楽、ボサノバ)な音楽を出し続けているレーベルです。その音楽はグルーヴィーでかっこよく、お洒落。なにより生演奏を主体としたその音がかなり心地いい!とにかく聴く者をぐいぐい惹きつける魅力あるアルバムをコンスタントに出してくれる、ありがたーいレーベルなのです。

このアルバムもそんなSCHEMAらしく、全編すばらしい出来。ミラノで活躍するジャズの名プレイヤー達とブラジル人ミュージシャン/ヴォーカリストを集めて作られたというこのアルバム、クラブ・ジャズ好き、ブラジル音楽好きな人には特におすすめ。多くの曲で女性ヴォーカルがフィーチャーされているのも見逃せません。最近国内盤(ジャケは同じ絵柄で色がグリーン系)がでましたので試聴できる機会があれば是非。

このヘッドホンで聴きました:DT880
ジャズ、生演奏とくればDT880。ラテン系ののりや明るさにもまぁなんとかついていけてる。やや高音がきつく感じたり、ヴォーカルのサ行が気になる箇所もあるが、解像度が高くくっきりとした音で個々の楽器の音を十分に楽しめる。とにかく生演奏の音が美しい。ヴォーカルの張り出しがやや弱いが、このアルバムには丁度いい感じ。個々の楽器の音を楽しみたいので逆に好都合といえる。ATH-AD2000ではどうしてもヴォーカルが目立ちすぎてしまってこのアルバムではマイナスに感じた。

またまたヘッドホンを買っちゃいました。今回はちょっと異色なコレです。

SE_DIR2000C_01


実はヘッドホン以外にこういうものがついてます。

SE_DIR2000C_02


はい、購入したのはパイオニアのデジタルコードレスサラウンドヘッドホンSE-DIR2000Cなのでした。

SE_DIR2000C_03


ドルビーデジタル、DTS、ドルビープロロジックII、AACに対応。ドルビーヘッドホン機能搭載によりヘッドホンでバーチャル5.1chサラウンドが楽しめるという製品です。


少し前のエントリーでこれと同じような製品でオーテクのATH-DCL3000が欲しいなー、と書きました。評判の良い製品ですが、6万~8万ぐらいとやはり高い。

基本的には映画やライブDVDを見るときに使うぐらいなのでそれほど頻繁に使うわけでもないこと。

なによりATH-DCL3000の評判がいいのは付属のヘッドホンによるところが大きいだろうこと(あきらめるための勝手な想像、笑)。

それならばドルビーヘッドホン機能は普通のヘッドホンでも効果があるということなので、付属のヘッドホンに不満があれば手持ちのヘッドホンを使えばいいんじゃないか?ってこと(製品専用に調整されたヘッドホンには及ばないかもしれませんが)。

で、多少妥協したところもありますがSE-DIR2000Cにしました。セールのため表示価格42,000円の18%ポイント還元、実質35,000円弱だったので値ごろ感があったのも大きかったです。

・・・ほんとは、手持ちのヘッドホンを使う前提ならもっと安い製品でもいいじゃん?という思いはずっと付きまとっていましたが(笑)。


使い心地などは追ってレポしたいと思います。

ちょっとiTunesのAACエンコードを試したくてあれこれ設定をいじっていたが、どうしてもiTunesのインポートの設定でAACエンコードのビットレートが変更できない。いや変更はできるのだが、変更した内容が保存されない(変更しても元に戻る)という問題に悩まされた。

んでちょっとググってみると意外なことが判明しました。

ウイルスバスター2006をインストールしているとこの問題が発生するようです。トレンドマイクロのサイトでちゃんとこの問題を修正したウイルスバスターのバージョンが公開されていました。気をつけないといけないのは普段のウイルスバスターのパターンファイルなどのアップデートではこのバージョンアップは行われないことです。プログラムのアップデートまではしてくれないのね・・・知らなかった。これからはウイルスバスターの更新情報も少しは気にかけないといけないですね。

ということで下のリンクからウイルスバスターのアップデーターをダウンロードしてアップデートしたら、ちゃんとiTunesでビットレートを変更できるようになりました。

関連リンク
ウイルスバスター2006 インターネット セキュリティプログラムバージョン14.1 公開のお知らせ
どうも私はラテン系美女に特に弱いようだ(笑)。

MillieAmazonで詳しく見る by G-Tools
2003年 / Millie / Millie (RCA International)

というわけでジャケ買いの1枚。ミリー(?読み方分かりません)はプエルトリコ出身のラテン・ポップ・シンガー。今まで4枚のアルバムを出してるそうですが、いまいち売れてませんね。声はわりとしっかりしてるし、華があり明るく綺麗な声で美声の持ち主。なによりジャケ見ていただければ分かるようにかなりの美女。もっと売れていてもいいはずなんですが、このアルバム以外聞いたことがないですが、曲にめぐまれてないのでしょうか。

このアルバムに収録されている曲自体はほとんどラテンっぽいところはないですねー。どちらかというと80年代のUSポップアイドルのアルバムを聞いてるような感じです。悪く言えば古臭い。これでは売れないよなぁ・・・と思ってしまいました。他のも機会があれば聴いてみるかな・・・。

HMVか上のamazonのリンク先で試聴できます。

このヘッドホンで聴きました:ATH-AD2000
AD2000はやはりこの手のヴォーカルものには良く合う。明るく華やかなMillieの声を十分堪能できた。普段はDT880でこの手の音楽を聴こうとは思わないけど試しに聴いてみた。全体的に高域よりでちょっとエッジがきつく、やや聴き疲れする音。サ行も少し刺さります。繊細で美しい音だとは思います。

//My iTunes Total: 13,794 Songs , 1,088 Albums
ヘッドホンは数が増えてくると以外に(?)片付けに困るもの。というわけで今日はそのヘッドホンの収納のお話。あ、ただし所有数10以下の私のような初心者向けです(笑)。

私が使ってるのは、無印良品の布貼組立式ボックスBという奴です。幅26cm×奥行37cm×高さ12cmというサイズなんですが、これがヘッドホンを2個入れるのに丁度いいサイズなんです。こんな感じ。

ヘッドホン収納01


ULTRASONEの"DJ1PRO"とbeyerdynamicの"DT880 2005 edtion"のドイツ軍団がおとなしく収まってます。

ふた付きなのでほこり対策にもなりますし、このように重ねて置くこともできて空間を効率よく使えます。

ヘッドホン収納02

今6個のヘッドホンを2個ずつこのボックスに入れてますので、ボックスが3つになりますが、縦に並べると以外に邪魔になりません。

ヘッドホンの数が増えれば、こんな悠長な収納はよほど部屋が広くないと難しくなりますが、とりあえずヘッドホン10個(ボックス5個分)くらいまでならいい感じです。出し入れも簡単である程度の省スペース、ほこり対策もばっちりと結構満足してます。

・・・実際は一個一個ヘッドホンスタンドに立てかけてずらりと並べて一人悦に入るのもやってみたいのですが(笑)。

BBCが選ぶ今年ブレイクが予想されるアーティスト第一位に選ばれた、コリーヌ・ベイリー・レイのデビューアルバム。私も注目してました。そしてこのアルバム、見事UKチャート初登場1位を獲得!

Corinne Bailey RaeAmazonで詳しく見る by G-Tools
2006年 / Corinne Bailey Rae / Corinne Bailey Rae

彼女の魅力はなんといってもその声。少し鼻にかかったその声はとても優しくて暖かくて、聴く人すべてに安らぎを与えてくれるかのようです。さらに女性としての色気やかわいらしさにも溢れていて、もうね、声を聴くだけで抱きしめたくなっちゃいますよ、ほんと。普段声聴いただけでこんな気持ちになることなんかなかったんですが、なにか妙に親近感がわくというか、手が届きそうな身近な存在に感じさせるところがあって、案外こんなところも人気がでた要因のひとつかなーと思ったり。・・・まぁ私がこんなところでくどくど稚拙な説明をするよりは、とにかく一度彼女の声を聴いてもらったほうが早いです、ハイ。是非とも聴いて見てください。

ジャンル的にはネオ・ソウルということになるのだろうけど、ポップ/ロックっぽくもありとても聴きやすいです。アコースティックなバックに、オルガン・ストリングス・フルートなどを効果的に使っていて、アルバム全体がとてもあったかい雰囲気に包まれています。力まず、飾らずに歌う彼女のヴォーカルと相まって心地よさは最上級!

レーベルがEMIで安価に出回っているUK盤はCCCDのため、一度は購入を断念(CCCDは自発的には買わない)。しかしその魅力にはやはりかなわず倍近い値段のNON-CCCD盤を購入しましたが、満足してます。レーベルの思惑に乗せられたようで癪ではありますが・・・。ほんとなんとかならないの?EMIさん。

公式サイト
アルバムの試聴はこちら
上のamazonのリンク先の商品は高め(NON-CCCDなのかな)。CCCDでよいならHMVで。


ちなみに、"Put Your Records On"のシングルも購入。カップリングの"Another Rainy Day"がアルバム未収録のためなんですが、これがまたノスタルジックでいい曲なんです。

Put Your Records onPut Your Records on
Corinne Bailey-Rae

Emi 2006-02-20
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


"Another Rainy Day"の試聴はiTMSでできます(iTunesが必要です)。
Corinne Bailey Rae - Put Your Records On - Single - Another Rainy Day


このヘッドホンで聴きました:K501
コリーヌのヴォーカルが一番美しいと感じたのはK501。ただしすっきり目の音なので暖かさではDT880のほうが良いし、DT880も十分に美しいヴォーカルを楽しめる。どちらを取るか、この取捨選択は難しくほとんど気分で使い分ける感じかな。ATH-AD2000は線が太く繊細さが足りない。合わないですね。

//My iTunes Total: 13,782 Songs , 1,087 Albums

amazonでヘッドホンのATH-W5000結構安いよね、ってこの前書きましたが、さらに10%還元(実質は7,500円還元)されるのを知らなかった。これを値引きと見れば価格.comの最安値とほとんど変わらないですね。なにげにamazonって結構安いの?たまに安すぎて祭りになることもありますしね(笑)(実店舗でもうちょっと安いところもありますが)

まぁ還元がamazonギフト券、と微妙といえば微妙かもしれません・・・。でも私ならCD代に充てられるしなー。


そしてなぜか、audio-technicaのATH-DCL3000(無線サラウンドヘッドホンシステム)が欲しくなっている私がいる・・・。今使ってるサラウンドヘッドホンはソニーのDP-IF5100という、この手の製品の一番最初の頃にでた奴。アナログ赤外線伝送でノイズ多いし、買って4-5年経ってるからパッドもぼろぼろになってきてるし。

気になるのはATH-DCL3000のヘッドホンはどのクラス相当なんだろうか、ということ。単品で33,000円ぐらいということは無線伝送部分などの部品代を引いて、AD900か良くてAD1000のちょっと下ぐらい?。音質的な評判は結構いいみたいですが。うーん、欲しいなー。
熱いぜ、このとっちゃんボーヤ(笑、失礼)。

flank_catalano_01

2006年 / Frank Catalano / mighty burner

フランク・カタリーノというサックス・プレーヤーのジャズ・ファンク・ライブ・アルバムです。彼のことは全然知りませんでしたが、試聴してやられました。勢いがあってむちゃくちゃ熱い!白人のくせにやたら音が黒い!のりのりのどファンキーなアルバムでした。

ちなみに彼は、ジェニファー・ロペス("Get Right")、デスティニーズ・チャイルド("Girl")、ジョン・レジェンド("Ordinary People")などと競演してるそうなので、その音を聞いた人も多いかもしれませんね。

公式サイト

このヘッドホンで聴きました:DT880
のりの良さや音の実体感、ライブ感がATH-AD2000は非常によいのだが、メインとなるフランクのサックスがDT880に比べちょっと引っ込みがち。さらにDT880はちゃんと客席から聴いている感じがするが、AD2000ではかぶりつき、を通り越して勢いあまってステージに上がっちゃいました(笑)、ってところで音が鳴っている。DT880はサックスの音が鮮やかでのりの良さもちゃんと感じられる。そして全体的にいい意味で"渋い"(抽象的で申し訳ないです)。ジャズのライブを聴いているという感覚をちゃんと味合わせてくれます。

//My iTunes Total: 13,769 Songs , 1,085 Albums

普段はだいたい次のような感じで使い分けてます。環境はページ右下のプロフィールを参照して下さい。

■ATH-AD2000
(主にバンド系の)ロック、ポップス、R&B、特にヴォーカルものを聴くときはまずAD2000で。やや音調が明るめなので、曲の雰囲気にそれが合わないと感じるとDT880やSBC-HP1000などで聴いて見たりします。またフラットな特性のため高域がやや物足りないと感じたときはK501、DT880、低域が物足りないときはDJ1PROなどを使用。基本的に万能でソースもあまり選ばない。DT880などに比べるとある程度聴きやすくなるよう調整されているように感じる。ヴォーカルものは抜群。ダイナミックで力強い音がすばらしい。

■DT880
ブラック・ミュージック、とくにジャジーでディープなソウルはこれ。AD2000では明るすぎると感じたり、またもっと落ち着いた雰囲気が欲しいときなどの時も。他は、ジャズ、クラシック。切れはないのでアッパーな曲には不向き。ヴォーカルは特に女性ヴォーカルの高域がきつく感じるときがあって、その場合はK501、AD2000、SBC-HP1000などに切り替え。心地よく聴くにはジャンルよりもソースに依存するところが大きいと思う。その代わりハマったときはすばらしい音を聞かせてくれる。ヴォーカルよりも楽器音が美しい。

■DJ1PRO
ハウス、テクノ、ヒップホップ、R&B、一部ロック、一部ポップス。打ち込みを多用したアルバムはこれ。

■K501
女性ヴォーカルもの、クラシック。どちらかというと、AD2000で高域が物足りないと感じたときのサブ的役割。DT880と結構似た音だがヴォーカルの滑らかさではこちらのほうが良いと感じることが多い。また明るく切れもそこそこあるので低音重視な人以外ならそこそこロックもいけるが、すっきりしすぎるところと上品にまとまってしまうところがロックの音楽性にはちょっと似合わない。

■SBC-HP1000
DT880でヴォーカルが満足できないときで、かつAD2000、K501では明るすぎる場合。


どのヘッドホンを使ってもだいたい明るめの音調で、これはヘッドホンアンプのAT-HA5000の影響かなーと感じています。DT880などは"暗い"というよりも"落ち着いた"感じです。他のヘッドホンアンプも欲しくなるところですね。

オーストラリアが生んだ碧眼の歌姫、デルタ・グッドレムのデビュー・アルバム。

Innocent EyesAmazonで詳しく見る by G-Tools
2003年 / Delta Goodrem / innocent eyes

青い瞳が印象的で、にっこり微笑む様がむちゃくちゃかわいい!そして容姿だけでなく、声も高音まで良く伸びる透明感のある美声で、歌もなかなか上手い。曲は爽やかで切ない王道ポップス。全体的に美しいピアノの旋律が印象的で、アップテンポな曲からバラードまで良い曲揃ってます。ここまで揃えば売れないはずがないわけで、母国オーストラリアでの爆発的な人気も頷けるというもの。またUSのセレブ系アイドルに比べ、すれた感じがなく素朴でまじめに感じられるのも好印象。まさに歌姫と言っていい存在!

とにかくポップ・アルバムとしてかなり良い出来で、聴いていて気持ちよいです。爽やか王道ポップスがお好きな方は是非!

公式サイト
こちらで曲の一部を試聴できます。

ネットで購入ならHMVが安くておすすめ。amazonはマーケットプレイス以外はなぜか高いので。

このヘッドホンで聴きました:ATH-AD2000
K501が意外なほど合わない。ヴォーカルが引っ込みがちなのは元からだが、高域がつよいヴォーカルなのでK501だとやや強調されすぎな感じを受ける。どことなく薄くかすれた感じの声。真空管のヘッドホンアンプなら良い感じになるのかもしれないけど?。この点フラットでヴォーカルがぐっと張り出してくるAD2000は抜群の相性。ひとつひとつの音がきらびやかで、実体感もあり、音質的な満足度は高い。

//My iTunes Total: 13,763 Songs , 1,084 Albums
ヴァイオリニストのいるパンク・バンド、イエローカードのメジャーデビューアルバム。

Ocean AvenueAmazonで詳しく見る by G-Tools
2003年 / YELLOWCARD / OCEAN AVENUE

ヴァイオリニストのいるパンクバンドというのが珍しくて買ってみましたが、これ、なかなか良いです。ポップでキャッチー、メロディアスで疾走感溢れるパンク・ロック・アルバム。聞いていると甘酸っぱくて切ない気持ちを思い起こさせてくれます。夕日の沈む浜辺にいる女の子が写っているこのジャケットが、アルバムのすべてを物語っていますねー。たまにはこの手のパンク・ロックも聞かないと老け込む一方だ(笑)。

そして肝心のヴァイオリンですが、良く合ってますね。アイリッシュ調のヴァイオリンの音色が一服の清涼剤になっているというか、曲をより爽やかなものにしています。イエローカードにはなくてはならないものでしょう。

BARKS YELLOWCARD特集
公式サイト:一部試聴可
HMV:一部試聴可

このヘッドホンで聴きました:ATH-AD2000
パンク・ロックの勢いに負けないヘッドホン。やや高域の伸びが足りなく感じるところもあるが、厚みスピード感十分。

K501で聞いてみたところ、高域についての不満もなくなり、スピード感もそこそこ。AD2000に比べ厚みが物足りないが、曲によっては目立たなかったヴァイオリンの音も存在感のある音に。低音重視の人でない限り良い音を楽しむという点では問題ないが、やはり上品にまとまってしまう点が音楽性と相容れない気がする。このあたりK701とかどうなんでしょうね。気になる~。

//My iTunes Total: 13,749 Songs , 1,083 Albums
いろいろ欲しいヘッドホンはあるけど、今切実に欲しいと思っているのは密閉型のヘッドホン。深夜、音漏れを気にせず楽しみたいのです。しかしながら各社が出しているハイエンドのヘッドホンは開放型が多く、同レベルの密閉型はかなり選択肢が少ないのが悩みのたね。音質を追求すると開放型になってしまうということなんでしょうか。

考えられる候補としては

ATH-W1000
ATH-W5000

HP-DX1000

PROline750

DT770

えーと、これぐらいになっちゃうんでしょうか?うーん、少ないですね・・・。他に何かあったかなぁ。
(ATH-L3000なんてものもありますが、あんな高価なものは絶対買えません)

ヴォーカルものメインで楽しもうと思ったらW1000あたりが現実的な選択なのでしょうか。理想を言えばATH-AD2000のようにフラットでダイナミック、力強い音を持った密閉型があれば最高なんですが。・・・

・・・
・・・
・・・

せっかくAT-HA5000があるんだし、W5000?たっかいんですよねぇ。あれ。

このジャケの美しいこと、さいこーです。

RevueAmazonで詳しく見る by G-Tools
1997年 / SYLVIA POWELL / REVUE

シルビア・パウエルはナイジェリア生まれのUK育ち。ということで思い出すのは、そう、シャーデーですね。このアルバムもソウル/R&Bということで、音楽性は通じるところがありますがシャーデーほど都会的で洗練された印象はなく、どちらかと言うと雄大でダイナミック、大陸的、オーガニック、温かみという言葉が似合います。

声が結構個性的。のどで聴かせるタイプというか、デズリーやMピープルのヘザー・スモールを少し高音よりにした感じで、なかなか聴き応えのある声です。また普段この手のジャンルではあまり使われない楽器(ヴァイオリン、フルート、パン・フルート)を使ったり、様々な効果音を使用したりと音作りが結構凝ってます。

1997年発売とやや古く、かなりマイナー(日本での発売元:(株)ディスクセンター、販売元:日本出版貿易株式会社、どちらもこのアルバムで始めて聞いた名だ、笑)なんですが、ジャケが気に入ったなら中古屋あたりで探してみてはいかがでしょうか。そこそこおすすめです。


そしてどうでもいい話なんですが、どうも私は"青い"ジャケに弱いらしく、ジャケ買いするCDの多くは青を基調としてますね~。なんででしょうか。やっぱり美しいものが多いからですかねぇ?まぁ美人が写ったジャケにも極端に弱いですが・・・。

このヘッドホンで聴きました:ATH-AD2000
電子音、生音共に多く、繊細さもダイナミックさも欲しいこのアルバム。となるとATH-AD2000しかない。

//My iTunes Total: 13,736 Songs , 1,082 Albums
カスケイド & ジェイ・J、プロデュース。基本爽やかハウス。

IlluminateAmazonで詳しく見る by G-Tools
2006年 / LATRICE / ILLUMINATE

衝動買い。プロデューサー陣と国内盤にミゲル・ミグスのRemixがボーナス・トラックでついてるというだけで買った。内容はカスケイド & ジェイ・Jのプロデュースから予想(期待)できるまんま。基本爽やかアッパーチェーンのハウス、たまにちょいディープもあるよ、といったところで、良くも悪くも期待は裏切ってない。カスケイド好きならそこそこおすすめです。

ラトリス(ラトリス・バーネット)はサンフランシスコで活動、ファイブ・ポイント・プランというバンドの元ヴォーカルでアルバムを2枚残している(このバンド、ソウル/レア・グルーブ系らしいのでちょっと聴いてみたい)。このアルバムはソロ・デビューアルバムとなる。でしゃばらず上品で大人なヴォーカル。ちなみにシャーデーがサンフランシスコ公演を行った際、前座をしたことがあるらしい。なのでなかなか評価は高い人なのかもしれない。

このヘッドホンで聴きました:DJ1PRO
ATH-AD2000もなかなか良いですけど、この手の音楽ではやっぱりDJ1PROが抜群。開放型の抜けの良さもマイナス。

//My iTunes Total: 13,723 Songs , 1,081 Albums
楽しく、心地よく、そしてメロウ。うーん、このアルバムにはやられました。今のところ2006年度No.1。

TimelessAmazonで詳しく見る by G-Tools
2006年 / sergio mendes / timeless

Brazil meets HipHop/R&B。豪華ゲストを迎えて話題となっているセルジオ・メンデスの新作です。
ブラック・アイド・ピーズのwill.i.amがプロデュース&Rapで参加ということでヒップホップ色が強くでてますが、上手く合わせてます。違和感全然ありません。ヒップホップ苦手な人でも多分イケるでしょう。なによりこれだけ楽しく心地よい音楽をヒップホップだから・・・という理由だけで敬遠するのはとーーってももったいない。逆にセルジオ・メンデスをあまり知らないからということで素通りした人ももったいない。理屈抜きに楽しめるアルバムです。是非試聴だけでも!

参加アーティスト:ブラック・アイド・ピーズ、エリカ・バドゥ、スティービー・ワンダー、Qティップ、ジル・スコット、ミスター・ヴェガス、ジョン・レジェンド、インディア・アリー、ジャスティン・ティンバーレイク、ザ・ルーツ、等々

こちらで試聴できます。

このヘッドホンで聴きました:ATH-AD2000
AD2000の魅力全開。曲と非常にマッチしていてお互いの魅力を引き出しあっているかのよう。滑らかで、濃く、厚く、スピード感がありダイナミックなその音に聞き惚れます。ピアノ、ヴォーカル、ギター、金管楽器どれも申し分ありません。そして特にパーカッションなどの打楽器。私はAD2000が鳴らすドラムやパーカッションなどの打楽器の音がとてもよいと感じてて、常々良い打楽器のアルバムを聴きたいと思ってましたが、このアルバムはまさにビンゴ!でした。音質的にこれほど満足感を得たのは初めてかもしれません。

//My iTunes Total: 13,706 Songs , 1,080 Albums
予約していたブツが来ました。

killer_DVD_01


サザンのLive DVDボックス、"Film Killer Street (Director's Cut) & Live At Tokyo Dome"。これはそのリミテッド・パッケージです。内容は

■昨年発売されたアルバム"キラー・ストリート"のレコーディング風景などを撮影したドキュメントDVD(2枚組み)
■昨年の東京ドーム公演の最終日の模様を全29曲完全収録したライブDVD(2枚組み)

リミテッド・パッケージではさらに

■ボーナスDVD「Video Clips 2005 + Super Image」(BOHBO No.5、神の島遥か国、ロックロールスーパーマンのPV)
■Killer Street Book
■スペシャルBOX仕様

予約特典の
■Live Tour 2005 ホワイトバルーンセット (上の写真のパッケージと一緒に写ってるのがそれ)

と、てんこ盛り。

DVD4時間半強、ブックレット100ページ・・・週末にゆっくり見ることにします(笑)。

FILM KILLER STREET (Director’s Cut) & LIVE at TOKYO DOME (初回限定版)FILM KILLER STREET (Director’s Cut) & LIVE at TOKYO DOME (初回限定版)
サザンオールスターズ

ビクターエンタテインメント 2006-03-15
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ノラファンは取り合えず買っときましょう、ただしNON-CCCDのBlue Note Records盤を(笑)。

Little WilliesAmazonで詳しく見る by G-Tools
2006年 / THE LITTLE WILLIES / THE LITTLE WILLIES

今春発売された、ノラ・ジョーンズが参加しているリトル・ウィリーズのアルバムです。プレスリーやウィリー・ネルソンのカヴァーなど9曲+オリジナル4曲で、曲調はカントリー/ジャズ/ブルース。全編にわたりノラのヴォーカルを堪能できるだけでなく、時にはのりのりで力強く、時にはブルージーに唸る一面も見せてくれます。ノラ・ジョーンズのファンなら買って損はないアルバムでしょう。

今作でメジャーデビューしたリチャード・ジュリアンのヴォーカルもなかなか渋い声を聴かせてくれます。インディーでソロ・アルバムが出てるようなので買ってもいいかな、と思わせる内容でした。

それにしてもノラの声は相変わらず素晴らしい。"スモーキー&ハニー"、聴く者を虜にする、奇跡の声。そんな彼女の歌声をいつまでも聴いていたいですね。

公式サイト(日本)で一部試聴などできます。上のamazonのリンク先でも試聴可。

このヘッドホンで聴きました:ATH-AD2000
K501は明るめで滑らか。ノラのヴォーカルも大変美しく魅力的。ただし全体的にすっきりとしているので温かみという点ではDT880のほうがよい。とここまで書いておいてなんですが、K501、DT880のどちらもカントリー調の曲、特に今作のような"Old But Good American Music"な曲にはあまり合わないように感じる。やや線が細くくっきりとした上品で現代的な音が曲の雰囲気に合わないからなんじゃないかなーと。その点線が太く厚みのあるAD2000はそういった感じは受けず、曲の雰囲気としっくり合っている。ノラのヴォーカルも実体感を伴った上でなおかつ美しい(わ、分かりにくい・・・)。

//My iTunes Total: 13,691 Songs , 1,079 Albums
この春デビューアルバムを出した、コリーヌ・ベイリー・ラエ(Corinne Bailey Rae)。彼女の声にやられてます(笑)。

Corinne Bailey RaeCorinne Bailey Rae
Corinne Bailey-Rae

EMI Int'l 2006-03-07
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


アルバム欲しい!がレーベルは憎きEMI。当然このアルバムもCCCD・・・。高いお金だしてCCCDでない(と思われる)上のamazonのリンクのUS盤(International盤)を買うかどうか・・・悩み中。CCCDが安くてNON-CCCDが高いというのが、レーベルの思惑に嵌められたようでくやしくて死んでも買いたくないのだが。

CCCDのアルバムがiTunesに取り込めないからという訳ではなく(うちの環境では特に何もしなくても今まで取り込めなかったCCCDはなかった)、消費者の自由を制限するCCCDに反対なので不買運動中なのです。

どうしようかなぁ・・・。

Corinne Bailey Rae 公式サイト
西アフリカで"もっとも美しいもの"という意味をもつエンダンビ、彼女の2nd。かなりの力作、そしてまぎれもない名盤。ディープ&スモーキーなオーガニック・ソウル/ジャズ・アルバムです。

ndambi_01

2001年 / N'DAMBI / TRUN UP & COSIGNIN

創作上のこだわりでメジャーと契約しないため超有名というわけではないですが、ソウルファンで彼女を知らない、または聴いたことがないというのはちょっともったいないと思うわけですよ。そこらのメジャーどころのソウルシンガーがぶっ飛ぶほどの実力、スケール感があります。その歌声はクールで力強く、姉御肌。痺れます。鳥肌立ちます。

エンダンビはエリカ・バドゥのバック・ヴォーカルをしていたことが有名ですね。これはまだお互いメジャーデビューする前にあるオーディションで知り合い、その後活動を共にし、"どちらかがレコード契約を結んだときは、もう一人のキャリア・アップをサポートする"、という約束を結んでいたそうです。そして先に契約を結んだのはエリカ・バドゥでその約束を守った訳ですね。いやぁエリカ・バドゥもかっこいいですねぇ。

ちなみにこのアルバム、エンダンビの自主レーベルCheeky-i Productionsからでている2枚組み、UKのSoul Brother Recordsからでている1枚組の2つのバージョンがあります。Cheeky-i Productionsの2枚組みは残念ながらここ日本では入手は困難かと思います。私もSoul Brother Recordsのほうを所持してます。

このヘッドホンで聴きました:ATH-AD2000
DT880は音の雰囲気がジャジーな曲調とよくマッチしている。低域から高域まで不足は感じないが、やや高域がきつめか。欲を言えばちょっとすっきりして落ち着きすぎな感じもあるので、もう少し厚みや力強さがあればもっとよかった。だがトータルで見てDT880が一番バランスが取れている。

K501も基本的にDT880に似た音。DT880に比べやや明るくさらにすっきりした音。高域のきつさはなく滑らか。低域はタイト。空気感がDT880に比べると希薄なのは解像度の性能の違いか。ヴォーカルは滑らかなのもあってK501のほうが良く感じる。全体的に綺麗な音で上品。

エンダンビのヴォーカルの力強さを楽しむならATH-AD2000。些細な事に拘わらなければ、そのダイナミックさにはとても心揺さぶられる。音楽は理屈じゃないんだよね、やっぱり。

//My iTunes Total: 13,678 Songs , 1,078 Albums
これはなかなかかっこいいいですよ。

BODYPOPAmazonで詳しく見る by G-Tools
2005年 / COLDFEET / BODYPOP

一応ことわっておきますと、コールド・フィートは邦楽アーティストです。テレビに出たりするタイプではなく(まぁコールド・フィートがテレビにでてきたらかなり違和感があるのも事実ですが、笑)、クラブのイベントやライブなどが活動のメインのようなので知名度はないですが、その音楽はなかなか魅力的でかっこいいんですよ。(コールド・フィートをご存知ない方は公式サイトをどうぞ。)

今作は全編アゲアゲ系のファンク・ダンス/ハウス・ミュージック。キャッチーでダンサブルな楽曲にローリー・ファインのヴォーカルがクールに切れてます(欲を言えばもうちょっとパンチが欲しいかな・・・)。M-4 UPTIGHT はモンド・グロッソの大沢伸一がプロデュース。

このヘッドホンで聴きました:DJ1PRO
クールで切れがありのりがよい、まさにDJ1PROにぴったり。ATH-AD2000はちょっと暑苦しい。

//My iTunes Total: 13,666 Songs , 1,077 Albums
これは新しいソウルの形なんだろうか。

THE SYBERSPACE SOCIALSee details at Amazon by G-Tools
2005年 / Sy Smith / THE SYBERSPACE SOCIAL

なんて大上段に構えましたが、ほんとに今まであまり聴いたことがないタイプ。普通のソウル・アルバムとはちょっと違いますね、これ。今これ聴いてますが、んーすげーしっくりきてないんですよ。悪い意味で言っているのではなく、単に私が理解できていないだけなんですが。シンセなど電子音を多用してます、まさしくアルバムタイトルどおりのサイバーな音。だけど実体はオーガニック・ソウル?うーん、うーん、うーん、ブンルイフノウ・・・。これだけ頭の上に???を浮かべながら音楽聴いたのはあんまり記憶にないな・・・。

あ、ちなみに最近サントラを取り上げたアメリカのドラマ"Ally McBeal"で、バーでバックコーラスとして歌っていた一人が彼女です。

HMVで試聴できます。

このヘッドホンで聴きました:DJ1PRO
アルバムタイトルがそうだからなのか、まるで実体感のない音、ふわふわとしていてつかみどころがない。最初ATH-AD2000で聴き始めたが平面的ですかすかした感じがした。AD2000本来の音とまるで違っていて違和感ありまくり。こりゃ密閉じゃないとだめだろうなということですぐにDJ1PROにスイッチ。シンセ多用なので丁度いい。DJ1PROでもまだ実体感の無さは感じられるが、密閉型のおかげか少し音は落ち着いた。全体的にクールで乾いた音。実体感が薄くまさに仮想空間な音。いろいろな意味でなかなか個性的なアルバムです。

//My iTunes Total: 13,656 Songs , 1,076 Albums
シンプルで飽きのこないブラジル音楽の好盤。

SegundoAmazonで詳しく見る by G-Tools
2005年 / maria rita / segundo

母はブラジルの歌姫エリス・レジーナ。かなり人気があった歌手のようです。私はよく知らないので詳しいことは書けませんが、その娘マリア・ヒタのこのアルバム、決して親の七光りでできるものではないです。

ピアノ、アコースティック・ベース、ドラム、そしてマリアのヴォーカル。これだけのシンプルな構成。その音はこの上なく上質でとても心地よく、シンプルな分それぞれの音を堪能できます。またライブ感はかなりのものです。

ブラジルっぽい華やかさを持ちながらも、落ち着いたジャジーな曲調が多く(というかジャズアルバムといってもいいかも)、カフェよりは夜のバーが似合いそう。マリアのヴォーカルはしっとりと柔らかい反面、たくましく力強い一面もあり、楽しませてくれます。

飽きの来ない末長く楽しめるアルバム。

HMVで試聴できます。

このヘッドホンで聴きました:K501
K501の良さを堪能できるアルバム。特に音場の自然な広がりがライブ感を強調して、聴いていて楽しい。久しぶりにATH-A900を引っ張り出して聴いてみた。低音がややぼわっとしているのが気になるがオーテクらしいヴォーカルの張り出しの良さでマリアのヴォーカルが思ったよりもいい感じで楽しめた。が、これはヘッドホンアンプのAT-HA5000の力によるところが大きい気がする。K501ほどの音場の広がりもなくライブ感もあまり感じない。SBC-HP1000はK501とA900のいいところを合わせたような感じ。ヴォーカルはK501よりも良く、音場感、ライブ感もそこそこ。さらにK501に比べ曲の雰囲気にぐっと深みが増した。ちょっと滑らかさが足りないのが残念。ATH-AD2000は思ったよりも合う。ただ別のアルバムを聴いてるような気になる(笑)。DT880はK501と似た感じでヴォーカルがやや固い。

//My iTunes Total: 13,642 Songs , 1,075 Albums
主にamazonアソシエイトを利用しています。CDのジャケ写が使えるというのが、アフィリエイトを始めた一番大きな理由ですね。

また、このブログを介してどのような商品を購入されたかが分かります(誰がとかは当然わかりません。あくまで商品だけです)ので、紹介したCDの購入履歴などがあると、こんなブログでも少しは役に立てたのかな?という自己満足と続けて行こうというやる気が得られます。これは紹介料よりもずっと大きな喜びでした。

ではアフィリエイトを始めて丁度1年ぐらいになりますので、この1年間の結果報告をしたいと思います。

売り上げ:155,534円
売り上げ商品:71点
紹介料:5,702円

でした。まさかこれほどの売り上げがあがり、紹介料を頂けるとは思ってもみませんでしたので、とても嬉しく思っております。紹介料はamazonギフト券に換えCDの購入費用に充てさせて頂いてます。ご利用頂きました皆様、ありがとうございました。
SKA / POP / SWING。ホーンセクションが印象的な女性ヴォーカルのスカ・パンク・バンド、セイヴ・フェリスのデビュー・アルバム。懐かしのヒット曲、"カモン・アイリーン"収録。

It Means EverythingAmazonで詳しく見る by G-Tools
1997年 / Save Ferris / it means everything

オフスプリング、シュガー・レイ、ノー・ダウト、サブライム等を生んだ南カリフォルニアのオレンジ・カウンティ出身。当然彼女らの音楽もごきげん・のりのり系で、スカ・パンク、女性ヴォーカルということで初期のノー・ダウトにやっぱり似ている気はします。こちらのほうがややポップで明るく、ホーン・セクションが目立っていること。ビッグ・バンドやスウィングっぽい要素が入ってることが違うところでしょうか。

まぁこんな説明は野暮ったくもあり・・・単純に聴いて楽しめばいいアルバムです(笑)。カモン!アイリーン!

上のamazonで試聴できます。

このヘッドホンで聴きました:ATH-AD2000
この手のロックはAD20(以下略)。代わり映えしなくてごめんなさい。手持ちのヘッドホンではやっぱりAD2000になっちゃいますね。力強くダイナミックでノリもよい。これに対抗できるのはGRADOしかないのかなぁ。GRADOのヘッドホン、興味はあるんですよね。SR-225あたりどうかなーと考えてます。
ホーン・セクションが目立つので試しにDT880で聴いてみました。健闘はしてますがやはりAD2000に比べれば大人しくキレもいまいち。DJ1PROは密閉型なりの低音はでてますが線の細い音。ヴォーカル、ホーンセクションもちょっと引っ込み気味。
ただどれも上品な音なのでもうちょっと荒れた音のほうが楽しめるかもしれない。

//My iTunes Total: 13,630 Songs , 1,074 Albums
このデビュー・アルバムで Brit Awards 2006 British Female Artist 受賞。

Eye to the TelescopeAmazonで詳しく見る by G-Tools

2005年 / KT Tunstall / Eye to the Telescope

ケイテイ・タンストールはスコットランド出身の、確かまだ10代のSSW。中国系の血が入ってるようで、その顔立ちは日本人にもなかなか親しみやすいところがあります。ギター・ピアノその他の楽器をこなし、アコースティックなバックで歌う歌声は結構ソウルフル。ブルージーな曲もあり、大雑把に言っちゃうとジョス・ストーンをロックよりにした感じ。ややしゃがれたような声質ですが曲調とはマッチしてますね。これでまだ10代ということですから先々楽しみな一人です。UKでブレイクしたわけですが、その曲調はどっちかというとUS受けしそうな気がします。

M-9 Suddenly I See が3月のスペースシャワーTVのPowerPushに採用され、このアルバムの国内盤が4月に発売と、この春は日本でも話題の人になるやもしれません。

公式サイトで試聴とPVを見ることができます。(メニューの"ALBUM"からどうぞ)

UK盤はCCCDのためずっと購入を控えてましたが、この2月にでたUSA盤(上のamazonのリンクとジャケットはUS盤)はCCCDでないようなのでやっと購入できました。

このヘッドホンで聴きました:K501
AKGらしい繊細で綺麗な高音がこのアルバムではかなり心地よい。特にケイテイのヴォーカルがDT880に比べて綺麗に感じられる。低音ドンドンという音作りではないのでそのあたりも問題なし。DT880も雰囲気が柔らかく感じられて音的にも問題なくかなりよいが、ヴォーカルの高音がやや固めに感じるのとK501に比べキレが少し悪い。まぁこれはあくまでもケチをつけるならという程度でほとんど粗探しのようなものですが。ATH-AD2000はヴォーカルがぐっと前にでてくる。音の厚みや実体感が増し、全体的に他のヘッドホンに比べダイナミックで力強い。K501やDT880とはまた違った魅力に溢れている。

//My iTunes Total: 13,618 Songs , 1,073 Albums
TLC、マドンナ、アウトキャスト、モニカなど多くのアーティストに曲を提供、自身もバック・ヴォーカルで参加するなど裏方で活躍していた、デブラ・キリングスのこれが表舞台デビュー・アルバム。

SurrenderAmazonで詳しく見る by G-Tools
2003年 / Debra Killings / surrender

才女です、この人。シンガーソングライターであり、プロデュースもする。ベース/ギター/ドラム/をはじめその他もろもろの楽器も自分でやっちゃう。ドラムの打ち込みもしてます。どれもできない私にとってはその音楽的才能がものすごく羨ましいです。なにかひとつおくれ・・・あ、歌うことはできるか。もちろん彼女に敵うべくもないですが。

内容はゴスペルをベースにしたソウル/R&B。ほとんどがスロー~ミディアムテンポのゆったりとした曲で、これがまた粒揃いの良曲ばかり。デブラのヴォーカルとゴスペルらしいコーラスワークもとても心地よく響きます。週末にリラックスして聴くにはなかなか良い1枚ではないでしょうか。

公式サイトで試聴できます(フラッシュの真ん中下青緑色の四角をクリック)
HMVでやや詳しく紹介されてます

このヘッドホンで聴きました:DT880
ATH-AD2000は高域が足りなく感じてちょっと不満。まだDJ1PROの方がよいと感じるが、かっちりしすぎて雰囲気が硬い。DT880はこれらの不満を見事に払拭してくれてます。高域は十分、曲の雰囲気もとても柔らかく表現してくれます。ドラムはほとんど打ち込みなのですが、あまり目立たないので気にしません。かなり心地いい音です。

//My iTunes Total: 13,606 Songs , 1,072 Albums
当ブログで去年9月に彼を紹介したエントリーは今でもアクセス数が多く、日本での人気の高さが伺えるジェイムス・ブラントですが、なんと米でもブレイクしちゃいましたね。ビルボード・ホット100で"You're Beautiful"がとうとう1位になりました。

これUK出身のアーティストがこのチャート1位になったのは9年振りのことで、その9年前のNo1はエルトン・ジョンの故ダイアナ妃に捧げた"Candle in the Wind"だというから、この1位がいかにすごいかが分かりますよね。

正直彼が米でブレイクするとは思わなかったんですが、やりましたねー。おめでとう。

BARKS:ジェイムス・ブラント、米チャート9年ぶり記録
ロックとサーフィンをこよなく愛する米サンディエゴ出身バンド、スウィッチフットのメジャー2作目(通算5作目)のアルバム。

Nothing Is SoundAmazonで詳しく見る by G-Tools
2005年 / swithfoot / nothing is sound

爽やかでメロディアスなアメリカン・ロック。これからのドライブには丁度いいですね。ただ去年の夏に流行ったサーフ系ミュージックとは違うのでご注意を(ちょっとジャケはあの人のアルバムに似てますが、笑)。

スウィッチフットは音楽好きのサーファーが集まって作ったバンドで、このバンドに入るためには"サーフィンをやってること"が条件らしい。バンド名もサーフィン用語から取ったそうだ。日本ではこのアルバムでデビューとなるが、米ではかなりの人気。メジャーデビューとなった前作"The Beautiful Letdown"はビルボードで最高16位、発売後113週間もランクイン。このアルバムも初登場3位を記録。日本では全然ですが、結構こういう日米での温度差が大きいアーティストはいますね。特にこの手のアメリカン・ロックに多い気がする・・・。今の日本ではマーケティングしにくいタイプの音楽なんだろうなぁ。もったいない。

公式サイトで試聴できます。

このヘッドホンで聴きました:ATH-AD2000
手持ちのヘッドホンでこの手のロックが一番得意なのはAD2000。なのだがこのアルバムではいつもの太く力強い感じはなく、なんとなく線が細く感じられた。それが結構爽やかさにもつながってるような気がするのでそういう音作りなのかな。

//My iTunes Total: 13,589 Songs , 1,071 Albums
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。