No MP3 No Life

Life is too short for boring Hi-Fi (DENSEN http://www.imaico.co.jp/densen/ のスローガンより)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
その歌声に聞き惚れる。

Center Of My UniverseAmazonで詳しく見る by G-Tools
2000年 / michelle tumes / center of my universe (Sparrow)

オーストラリア出身のSSW、ミッシェル・トゥームスの2nd。彼女もとはクリスチャン・ミュージックをやっていたということですが、そのスピリチュアルな美しさ、幻想的なところは残しつつ、ポップでとても聴きやすい心地の良い曲ばかりが収められています。

彼女の歌声はとてもソフトで柔らかく美しいですね。素晴らしい歌声です。

試聴:HMVで(WMA)。myspaceでも1曲聴けます。(4曲目の"Lovely")

ちなみに国内盤がでてまして、そのジャケはこれ。法則発動してますね(笑)
センター・オブ・マイ・ユニヴァースセンター・オブ・マイ・ユニヴァース
ミッシェル・トゥームス

東芝EMI 2000-02-16
売り上げランキング : 249281

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


このヘッドホンで聴きました:K@501
まずはK@701で聴きました。低域の量が多すぎるのか、ちょっと柔らかすぎる印象。もうちょっと透明感も欲しいかな。ということで、K@501。どんぴしゃでした。K@501で聴いても固くなくあくまでもソフト、という彼女のヴォーカルもなかなかすごいと思いましたが、ヴォーカルの心地よさを失わず、余分な(と感じた)低域が削ぎ落とされ、K@701に比べしゃっきりとし霧が晴れたような曲全体に透明感が増した感じになりました。しかしこれはヘッドホンの違いというよりアルバム自体があまり刺激的な音にならないように音作りしているのでしょうね。

/F/AUS/POP/K@501/VOCAL/まったり/
スポンサーサイト
ロリータ・ヴォイス X 60sモータウン、ノーザンソウル風ポップ = Happy!

The Great UnwantedAmazonで詳しく見る by G-Tools
2007年 / Lucky Soul / The Great Unwanted (Ruffa Lane)

UKの新人バンド、ラッキー・ソウルのデビュー・アルバム。紅一点アリ嬢の甘く魅惑的なロリータ・ヴォイスに60sモータウン、ノーザンソウル風ポップサウンドが絶妙にマッチ。暖かくときに切なく最高にキュートでハッピーなアルバムです。曲の雰囲気は一貫しており、1曲目(試聴の1曲目がそうです)の出だしからOKな人は最後まで全曲楽しめるでしょう。

アリのヴォーカルはほんと可愛らしいですね。舌足らずなロリータ・ヴォイスですが、歌い方までロリータしていないところが良いです。曲も良く個人的にかなりツボにきたアルバムです。

試聴:公式サイトで。

このヘッドホンで聴きました:ATH-W@1000
ロリータ・ヴォイス御用達ヘッドホン(笑)。低域の量感などは物足りないですが、ヴォーカルとの相性がそれを補ってあまりあります。高域の独特のきらきらした感じ、中域の柔らかな表現も曲の雰囲気にあっています。PROline@2500は高域の刺激が強くなりますが、のりがよく、暖かみもあり、これも楽しい。

アンナケイのときもそうでしたが、ここにきてW@1000のキャラが私の中で確立した感じ。

/F/UK/POP/ATH-W@1000/VOCAL/FAVALBUM/
哀愁のバンドネオン

Bandoneon: ElectrotangoAmazonで詳しく見る by G-Tools
2006年 / V.A. / Bandoneon - Electro Tango (Cool Division)

タンゴを象徴する楽器バンドネオンの音色とクラブ・ジャズ、エレクトロ、ヒップホップ、ラウンジ・ミュージックなどを融合させた曲を集めたコンピアルバム。タンゴの哀愁漂うクラブサウンド、ラウンジミュージックが楽しめます。ヴォーカルものばかりで女性ヴォーカルが8割り程度。試聴ができなかったのですがジャケが気に入ったので購入したところ、結構当たりでした。哀愁漂う雰囲気がいい感じです。

ジャケのセンスが良く、曲も結構洗練されているなーと思っていたら、Cool Divisionというイタリアのレーベルのアルバムなのですね。なんか納得。このアルバムにレーベルのカタログが入っていたのですが、どれもジャケ買いしたくなるようなセンスのいいジャケばかりでした。今度レーベル買いしてみよう。

試聴;見つかりませんでした

このヘッドホンで聴きました:K@181DJ
RS-@1で聴いたところ低域不足であまり楽しめませんでした。PROline@2500では肝心のバンドネオンの音色が埋もれがち。やっぱりこの手の音楽はDJヘッドホンか?ということでK@181DJ。低域十分、バンドネオンも埋もれません。やや明るめの音なので、これがもうちょっと暗めだと雰囲気も合ってもっとよいだろうなーとは思うが贅沢か。

/F/EUR/ROUNGE/K@181DJ/COMP/NDRIVE/

可憐な少女

TsukiAmazonで詳しく見る by G-Tools
2007年 / Annekei / Tsuki

デンマーク出身、アンナケイの2ndアルバム。女性ヴォーカル好きキラーなジャケットが目を引きます。これだけでもう買いフラグが立ちますね(笑)。日本以外で出るならジャケットは多分変わるんでしょうけど(笑)

アルバムに収録された曲はアコースティックでメロディーラインの美しい、繊細で透明感のある曲ばかり。明るくポップでくくりとしてはジャズ・ヴォーカルものですが、ポップ・アルバムと言っていいでしょう。

彼女のヴォーカルはとても美しく繊細です。ただもう少し、深みというか陰りというか切なさみたいなものがでてくるともっといいのになーと感じます。大人の女性というよりは少女っぽい。そこが魅力なのかも知れませんが、私的にはもう少し雰囲気のあるヴォーカルが好みですね。今後に期待したいところです。


素朴な疑問ですが、アンナケイはアンナ・ケイなのでしょうか。それともアンナケイ・○○なんでしょうか(笑)

試聴:公式サイトで。

そう言えば彼女ただ今来日中。今日は大阪ブルーノートでライブを、明日、明後日は東京のコットンクラブでライブがありますね。当ブログをご覧下さっている方の中にも、彼女のライブに行く(行った)人がいらっしゃるのでしょうか。


このヘッドホンで聴きました;ATH-W@1000
最初はK@701で聴きましたが、ヴォーカル・曲の美しさ、繊細さ、透明感とも特に不満はありませんでした。彼女のヴォーカルがどこか少女っぽいと感じたときに、なぜかW@1000が頭に浮かんだので次にW@1000で聴いたところ、ハマりました。透明感という点ではK@701より上に感じるからでしょうか、彼女の少女っぽいヴォーカルにはぴったりでしたね。

W@1000は古い女性ヴォーカルものポップスに良く合うと思います(オリビア・ニュートン・ジョンとか)。独特のきらきらした音が若々しく透明感溢れるヴォーカルに感じさせてくれるのでしょうか。

/F/EUR/JAZZ/ATH-W@1000/VOCAL/
引越ししてリスニングルームをこしらえたわけですが、実はこの部屋エアコンが取り付けられません(室外機をつなぐホースを通す穴がないのです。賃貸のため勝手に穴を開けることもできないので)。そろそろ夏の暑さ対策を考えないといけなくなったので、とりあえずこれを買いました。
サーキュレーター_01

(実際に写真の場所で使うわけではないです、笑)
サーキュレータというやつですね見た目は小型の扇風機ですが、これは直進性のつよい風を起こし、部屋の中の空気を循環させるために使います(写真のタイプのものは23m先まで風が届くそう)。これを使ってエアコンの効いたリビングから、冷気をリスニングルームまで運んじゃおうって寸法です。果たしてこの目論見は成功するのか、これだけで夏が越せるのか、乞うご期待(笑)



PCにiTunes+AppleLossLessで音楽ライブラリを構築中です。そろそろ2個目の250GBのHDDの容量が心もとなくなってきたので追加しました。しかしHDDの値段は一昔前に比べ随分安くなりましたねー。250GBが7~8,000円台、500GBが1万円台前半だなんてびっくりです。ということで今回は値頃感がでてきた、500GBのHDDを買いました。バックアップ用にもうひとつとバックアップ用HDD格納用の外付けHDDケースも合わせて購入。(マスターのHDDはドライブドアに格納)一気にITB増えました(笑)

ちなみに現在のAppleLossLessのライブラリは、曲数15,189曲、アルバム数1,156枚、容量426.3GBとなってます。500GB追加でアルバム1,000枚は余裕で追加できる計算ですね。


CDを6枚購入。これで2007年は120枚購入したことになります。多分6月はこれで終わり。ということは2007年トータルで240枚買う計算?1枚2,000円(多分それ以下だと思いますが)とすると・・・計算はやめよう。問題はこんだけの枚数、聴く時間が取れてないってことだな(だめじゃん)。部屋には封を切っていないCDが昔からのもの含めて多分100枚ぐらいあるかも・・・

ということで買い物ログでした。

・・・最近ヘッドホン買ってないなー。ボーナスでたら買おうっと。買うのは最近特にまろやかさがましてしまったあいつの代わりの品になる予感。
掘り出し物、とまでは言いませんがなかなか良いです。

Esquemas JuvenilesAmazonで詳しく見る by G-Tools
2007年 / Javiera Mena / Esqumas Juveniles (FELICA /Art Union Recordings)

チリのシンガー、ハビエラ・メナ、23歳の1stアルバム。歌詞はスペイン語。多分当ブログでチリのシンガーを紹介するのは初めてだと思います。チリの音楽ってどんななんだろうって思いますが、このアルバムはいたって普通のポップ・アルバムです。

シンセを多用したアップテンポな曲も収録されていますが、どちらかというとアコースティックなゆったりとした曲のほうが多く、これがなかなか良いです。洗練された、とはお世辞にもいえませんが、メロディー、曲は十分に美しく、洗練されてなさはかえって暖かみやほのぼのした印象を与えてくれます。どこか懐かしい感じがするのもいいですね。さらに力の抜けたアンニュイな感じが全体的に漂っていて、どこかフレンチ・ポップぽくもあります。

最初はまったく期待せず試聴したのですが、聴き進めていくうちにハマッてしまい購入した1枚。

試聴:myspaceで。"Cuando hablamos"はシンセを多用したポップな曲。"camara lenta"は私が気に入った曲。アルバムにはこんな感じの曲が結構収録されています。

6/16:ちょっと追記
タワレコのポップではチリのビヨークと表現されてますね。私はビヨークのCDは聴かない(映画"ダンサー・イン・ザ・ダーク"がトラウマ。生涯の中であんなにへこんだ映画はないです・・・)ので分かりませんが、どうなんでしょうねー。CSの音楽番組でビヨークは聴いたことありますが違うような気がするな。

このヘッドホンで聴きました:PROline@2500
最初K@701で聴いたのですが、曲の雰囲気にK@701のやや上品な音がちょっと合わない。その点PROline@2500は暖かみやほのぼのした感じなど良く合っていた。

/F/WORLD/POP/PROLINE@2500/まったり/
豪華なリミキサー陣

RE-MODE:CLUB JAZZ DIGS YASUKO AGAWAAmazonで詳しく見る by G-Tools
2007年 / 阿川泰子 / re-mode club jazz digs YASUKO AGAWA (ビクターエンタテインメント)

日本のジャズ・シンガー、阿川泰子の曲をクラブ系ジャズ、ハウスのアーティスト、DJ、プロデューサーがリミックスした、リミックス・アルバム。私にとってはリミキサー陣が豪華なのが魅力的でした。ニコラ・コンテ、ファイヴ・コーナーズ・クインテット、ジェラルド・フリージナ、ラスマス・フェイバー、須永辰緒、などなど。ミーハーな私はこの面子を見ただけで飛びつきました(笑)

フル生演奏でリミックスしたニコラ・コンテ、ファイヴ・コーナーズ・クインテット、須永辰緒など、どの曲も嫌味なほどに決まってますが中でもラスマス・フェイバーがリミックスしたM-10 Voo Dooが秀逸。彼らしいラテン調の疾走感溢れる美しいハウスに仕上がっています。

amazonにジャケ写がないのでアップ
YASUKO_AGAWA_01


試聴:@TOWER.JPで(WMA、RA)

このヘッドホンで聴きました:RS-@1
これもどのヘッドホンで聴こうか悩みましたが、まずのり重視、そして生音、ヴォーカルの良さ、ジャズなどの雰囲気、からRS-@1で聴きました。満足できました。最近ここでのRS-@1の使用頻度が高いですが、ずっと聴き続けているとその良さにどんどんはまっていきますね。

/F/JP/CLUBJAZZ/RS-1/REMIX/NDRIVE/
美しい音、美しいメロディー、ノスタルジー、甦る情景

May Your Heart Be The MapAmazonで詳しく見る by G-Tools
2007年 / epic45 / may your heart be the map(Thomason sounds)

UKのポスト・ロック・バンド、エピック45の2ndアルバム。このアルバムをなんと表現したらいいのでしょうか。こういう音楽に出会えたことを何かに感謝したい気持ちになっちゃいます・・・。(店頭に並べてくれたタワレコとかに、笑)

電子音、アコースティックギター、フィールド録音の音素材、これらが美しいメロディーにのり、優しく静かに、ノスタルジーを携えて聴く人を包み込んでいきます。この音に包まれる心地よさは下世話な表現ですが、しばし浮世の憂さを忘れさせてくれるでしょう。思考だけどっかいっちゃいますよ(笑)。いろいろ忙しい人に是非聴いてもらいたいですね。

是非試聴を:myspaceで。収録曲2曲(Summers First Breath、Forgotten Morning、ほとんどインストなんでアルバムの雰囲気的にはForgotten Morningが近いです)聴けます。

このヘッドホンで聴きました:RS-@1
電子音とアコースティックなギターがメインなのでどのヘッドホンで聴こうか迷いましたが、環境音楽っぽいところもあるので、その空気感に期待してRS-@1をチョイス。生音はギターが中心ということも後押し。そしてこれがまた素晴らしい音、場を聴かせてくれました。場を感じさせる空気感があるRS-@1のおかげでこのアルバムがさらに魅力的になったと思います。サラウンドというわけではないのに、とても立体的に聴こえ、(音場が広いとは言われないRS-@1ですが、これがRS-@1の音場かと信じられないぐらい)脳全体が包み込まれているように感じ、曲の世界へ誘われます。ギターの音も瑞々しく透明感があり素晴らしいです。

(ヘッドホン名は@をはずしてお読み下さい)

/I/UK/ROCK/RS-1/FAVALBUM/GUITAR/まったり/
カントリー・ロック。

Miles AwayAmazonで詳しく見る by G-Tools
2007年 / GINA VILLALOBOS / MILES AWAY (Laughing Outlaw)

USのカントリーSSW、ジーナ・ヴィラロボスの2ndアルバム。ジャンルはカントリーですが、彼女が演奏するエッジの効いたアコギを中心にした、これはほとんどアメリカン・ロックですね。彼女のややしゃがれたヴォーカルがなかなか味わい深い。曲もなかなか良いですよ。試聴して気に入って購入した1枚。アルバム通して10曲39分弱と短いのがちと残念。

試聴:公式サイトで。トップページからメニューの"MUSIC"でどうぞ。

このヘッドホンで聴きました;RS-@1
アメリカン・ロック(カントリー)、アコギ、女性ヴォーカル・・・RS-@1で鉄板。

/F/US/COUNTRY/RS-@1/SSW/GUITAR/
当ブログのCDを紹介しているエントリーの中で、”このヘッドホンで聴きました”というコーナーがありますが、そこでのヘッドホンの表記は数字の前に@を入れるようにします。例えばK@701、RS-@1、ATH-AD@2000、DT@880、DJ@1PRO、Edition@9などです。

このコーナーはCDを実際どのヘッドホンで私は聴いたか、どういう点が良くて、不満な点はどこか、また他のヘッドホンとの違いは何か、などを述べることでヘッドホンの個性をお伝えできたらと思って始めました。

ということで、当ブログのエントリーには必ず何らかのヘッドホンの型番が記述されますが、これがブログ検索と相性が悪いと常々感じていました。ヘッドホンの型番で検索すると、ヘッドホンによっては検索結果が私のブログの記事だらけになる場合があるからです。

これは私の本意ではありません。音に関する感想など主観の塊ですし、環境によっても結構変わってきます。ヘッドホン名で検索される方にできるだけいろんな人の記事を見て欲しいと思っています(おこがましい物言いですが)。

それにもし私がある商品を検索して、同じブログの記事ばかりがヒットしたら、きっと”邪魔だなぁ”と思うでしょう(笑)

今回ヘッドホンサイトの大手、Headphones-NAVIさんが各ヘッドホンのページに、そのヘッドホンのRSSの検索結果を掲載されるようになったこともあって、いい機会なのでブログの検索にヒットしないよう"このヘッドホンで聴きました"の中で記述するヘッドホンの表記を冒頭の内容に変えることにしました。

ちょっと見難くなりますが、ご容赦下さい。
爽やかで暖かなMPB

エッサ・ミニーナAmazonで詳しく見る by G-Tools
2006年 / bruna caram / essa menina (ビクターエンタテインメント)

ブラジルのMPBシンガー、ブルーナ・カランのデビューアルバム。まずジャケに目が止まり、そして試聴して声に惚れ購入に至る。

このアルバムをリリースした2006年はまだ19歳、現在20歳!(当たり前です)。やや鼻にかかったその声は若さに似合わずあたりが柔らかくふくよかで美しいです。好みです。ちなみにジャケも好みでした(言わなくても分かりますか)。

アコースティックでゆったりとした曲が多く、おしゃれで洗練されたというよりも、庶民的なブラジルのポピュラー音楽といった趣き。全体的に人のぬくもりを感じさせ、どこか懐かしい。彼女の声の雰囲気とは良くあっており、なんとなく郷愁を誘う感じが心地よい。

先に書いたことと矛盾するかもしれないが、軽やかで涼しくもあるので、これからの季節、不快指数を下げるにも役立ちそう。

試聴:J-WAVE CD ONLINEで。(RA、WMA)

amazonにジャケ写がないのでアップ。
bruna_carsm_01


このヘッドホンで聴きました:RS-@1
最高ですね。爽やかさ、女性ヴォーカルの表現力、特にギターの魅力的な音、空気感、非常に満足しました。アコースティックで女性ヴォーカルと言うとK@701も思い浮かびますが、曲の雰囲気に対し上品すぎますね。その点RS-@1は庶民的(笑)

(ヘッドホンの型番は@を外してお読み下さい)

/F/WORLD/POP/RS-@1/VOCAL/MPB/
案外、良い

ビコーズ・アイ・ラヴ・イット(期間限定)Amazonで詳しく見る by G-Tools
2007年 / AMERIE / Because I Love It (ソニーミュージックエンタテインメント)

USのHip-Hop Soul/R&Bシンガー、エイメリーの3rdアルバム。前作に収録された"1Thing"が日本でもブレイクしたのでご存知の方も多いのではないでしょうか。

今のUSのR&B界はヒップホップ色が強く、正直あまり聴く気がしません(最近は少し状況が変わってきたような気もしますが)。なので、昔はよく買っていたこのジャンルのCDも今はほとんど買わなくなっていました。

このアルバムもあまり期待せず試聴してみたのですが、これが案外良かった。彼女のアルバムはHip-Hip Soul/R&Bの中ではファンク色が強いほうでしたが、今作ではそれがさらに強くなり、そしてポップになっています。アルバム前半はファンキーでのりよく、後半に行くにしたがってしっとりとしていく構成もよい。打ち込みだとは思いますが生っぽい音、全体的にどこか懐かしい感じがするのも良かった。

ということで、この手のジャンルでは久しぶりに買ったアルバムでした。なぜか、普通のバージョンの1Thingもボートラとして収録されているのもお得?(笑)

"How Do You Keep The Music Playing ?"(ジェームス・イングラム、パティ・オースティン)ネタのM-13 "All Roads"はなかなか美しく聴かせるナンバー。

試聴:日本の公式サイトで少し。今ならCDショップで試聴できるでしょう。

このヘッドホンで聴きました:K@181DJ
低域の量、迫力十分、ヴォーカルも埋もれず、高域は鮮やか。全体的に極めて明瞭。のり良く聴かせるだけでなく、しっとりとした曲も美しく鳴らします。この手のアルバムを聴くには最適な1本ですね。開放型で聴くならばATH-AD@2000。音の質感やヴォーカルなどはこちらのほうが良いですが、K@181DJに比べやや高域の刺激が物足りない感じ(K@181DJが刺激的過ぎるとも言えるかも)。総合的にはK@181DJのほうが楽しめるかな。

(ヘッドホンの型番は@を外してお読み下さい)

/F/US/R&B/ケー181ディージェー/FUNKY/
雰囲気最高。

The Once and FutureAmazonで詳しく見る by G-Tools
1999年 / jazzyfatnastees / Once and Future (MCA)

USフィラデルフィア出身、女性ソウル/R&Bデュオ、ジャジーファットナスティーズのデビューアルバム。生音ヒップホップバンドの先駆者、ザ・ルーツが設立したレーベル第一弾としてリリースされたこのアルバムは、ザ・ルーツが全面的にバックアップ。生音ヒップホップと言えば、ジャジーでメロウな曲が特徴的ですが、このアルバムもその特徴がずばり当てはまったソウルアルバムに仕上がっています(ヒップホップ要素はありません)。これが素晴らしい出来なんです。独特の空気感をまとった雰囲気のある曲、演奏、そして彼女らのヴォーカル、どれをとっても一級品。聴いていてとても心地がいいアルバムです。

なんというか、全体的にすごくシンプルなんですが、統一感があり良く練り込まれているなーっていう感じがひしひしと伝わってきます。一流の職人がやった仕事という感じ。

試聴:ジャケのリンク先のamazonで(RA)

ザ・ルーツ不参加で、よりオーガニックになった2nd。今作とは雰囲気が変わってますが、これもむちゃくちゃ良いです。購入当初はヘビロテでした。

The Tortoise & the HareThe Tortoise & the Hare
Jazzyfatnastees

Cool Hunter 2002-09-03
売り上げランキング : 110772

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


このヘッドホンで聴きました:DT880
彼女らのヴォーカルとはやや相性が悪くDT880のきつい面がでるが、それを差し引いても演奏、曲の雰囲気と非常にマッチしている。DT880が無ければここまで曲の雰囲気に浸れなかったんじゃないだろうか。もうこのアルバムとワンセットみたいな。

/F/US/SOUL/DT880/FAVARTIST/NDRIVE/
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。