No MP3 No Life

Life is too short for boring Hi-Fi (DENSEN http://www.imaico.co.jp/densen/ のスローガンより)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ジャケット見ただけで、全シングル、アルバムの見分けがつく人はいるのだろうか(笑)

TODAY(初回生産限定盤)(DVD付)Amazonで詳しく見る by G-Tools
2007年 / アンジェラ・アキ / TODAY (ERJ(SME)(M))

アンジェラ・アキのメジャー2ndアルバム。前作HOMEに比べ明るくテンポのある曲が増えてます。エモーショナルで力強い彼女のヴォーカルは変わらず、元気がもらえるアルバムですね。ちょっと気になるのはなんでも同じような感じで歌うところかなー。

試聴:公式サイトで。

このヘッドホンで聴きました:K@701
残念ながら、はっきり言って良い音とは言えません。平面的で音場も狭くのっぺりした音。艶がなくアコースティックな美しさも感じられません。せっかく生楽器を使っているのにもったいない・・・。

/F/JP/JPOP/K@701/ピアノ/
スポンサーサイト
フランスのロックバンドと人気女優が作り出す退廃的で刹那的な世界。

ウルトラ・オレンジ&エマニュエルAmazonで詳しく見る by G-Tools
2007年 / ultra orange & emmanuelle / ultra orange & emmanuelle (BMG JAPAN)

フランスのロックバンド、ウルトラオレンジがフランスの人気女優エマニュエル・セニエをフューチャーして作ったアルバム(全編英語詞)。ウルトラオレンジは男女1名のバンドで、エマニュエル・セニエは女優であり映画監督ロマン・ポランスキーの奥さんでもある。また狙ったわけではないが明日から公開される映画「エディット・ピアフ~愛の讃歌」にも出演している。

そんな彼らが組んで作ったアルバムは一言で言うとミニシアター系の青春モノクロ映画のサウンドトラック。退廃的、刹那的できらきらとまぶしく、そしてどこか懐かしく切ない。聴いているとあーあの頃に戻りたいなーとか、あの頃はよかったなーとか思わずにはいられない(最近特にオヤジくさい発言が多くなってきたな、疲れてますかね、俺、笑)。ダイレクトに心情に入り込んでくるその音(特にギター)には参りました。やるね、ウルトラオレンジ。

そしてエマニュエルのヴォーカルはけだるくスカしていて、かっこよく色っぽい。彼女のヴォーカルなくしてこの雰囲気はでなかったでしょう。

んーこれはお気に入りの1枚になりそうだ。大人が聴くロックですね。浸れます。

試聴:myspaceで4曲。

このヘッドホンで聴きました:PROline@2500
とても心揺さぶられる音ですね。この手のアルバムには良く合います。ギターもいい感じ。いよいよモデル落ちしてしまうPROline@2500ですがうちではまだまだ現役でがんばってもらいますよ(笑)

/F/EUR/ROCK/PROLINE@2500/FAVALBUM/
とりあえず2回は聴こう(笑)

Drastic FantasticAmazonで詳しく見る by G-Tools
2007年 / KT Tunstall / DRASTIC FANTASTIC (Toshiba EMI)

スコットランド出身のケイテイ・タンストールの2nd。前作と違いポップな感じはなりを潜め、しょっぱなからギターをじゃんじゃんかき鳴らし飛ばしていく。だけどなーんか抜けきらない。のりが悪いというか、"DRASTIC"というタイトルにしてはもどかしい感じを受けるなぁ・・・と言うのが1回目に聴いた感想。そして今2回目を聴きながらこの記事を書いているところですが、んー結構いいかな?と思えてきた(笑)。

1回目ではケイテイらしさも少し薄れたなと感じたのだが、2回目ではしっかりケイテイらしさも感じられるし。思えば、1回目の1曲目の出だしでギターのジャカジャーンってのを聴いて、あぁ今回はこういうのりのアルバムなのねっていう固定観念ができちゃって、以降それで聴いちゃったのかなー。年食うと最初のイメージだけで型にはめちゃって全部を判断しちゃおうとする頭の堅さがでてきていかんね(笑)。

ただ曲によって出来のばらつきがあり、統一感もあまりないですねー。

試聴:日本のオフィシャル・サイトで(RA、WMA)

このヘッドホンで聴きました:PROline@2500
1回目はATH-AD@2000、2回目がPROline@2500。ぶっちゃけ1回目と2回目の印象の違いはヘッドホンの違いかもしれません(笑)。AD@2000だとちょっと重すぎたかも。PROline@2500のほうが明るく軽めで刺激もあり楽しめますね。

/F/UK/ROCK/PROLINE@2500/
今日もCDを4枚購入してしまい、これで9月は27枚購入と1日1枚以上のペース。が、忙しくて聴く暇がなーい。ということで記事も書けない。悔しいから今日買ったCDを写真で紹介する記事を書きます。ジャケで買っているのが一目瞭然(笑)。美人揃いです。

cds


左上 Jenny Chi / ChiBossa
スイスの女性ヴォーカリストのボッサアルバム。試聴してみてかなり声が良かった。ジャケも目立つ。

右上 Leah Kline / Juzz Flirtin
オランダを中心に活動するジャズ・シンガーのアルバム。ジャズ+ファンク、ブラジル音楽、ロックとのことで購入。

左下 Chiara Civello / The Space Between
当ブログでも紹介したイタリアの美人ジャズ・シンガーの新作。試聴した感じはなかなか良い雰囲気でした。

右下 Constance Amiot / Fairytale
フランスのポップ・シンガーのアルバム。試聴したところ、かなり気持ちい~い雰囲気だったので購入。

ヨーロッパ勢強し。やっぱり美人ヴォーカリストと言えばヨーロッパですかねぇ(笑)

いつかちゃんと聴いて記事にしたいと思います。


おまけ。今日買ったDVD、まだ見てません・・・
shibajun_dvd_01
疲れた心と体には、素朴で暖かいフォーク+女性ヴォーカル

Awkward AnnieAmazonで詳しく見る by G-Tools
2007年 / KATE RUSBY / AWKWARD ANNIE (Pure)

UKのフォーク・シンガー、ケイト・ラスビーの新作。ギターやバンジョーなどの弦楽器が中心の、アコースティックで素朴な暖かみのあるブリティッシュ・フォーク・アルバムです。普段あまり聴かないジャンルですが、疲れているときはこういう素朴でまったりとした暖かみのある音がやっぱり気持ちよいですねぇ。

イングランドで最も美しい声の持ち主と称される彼女のヴォーカルは、暖かく優しさに満ちていて心地よいです。

試聴:myspaceでアルバム表題曲が聴けます。

このヘッドホンで聴きました:PROline@2500
ヴォーカルだけならK@701がよいかなーと思いつつも、曲の雰囲気に比してややあっさりすぎるかもと思ったので、PROline@2500をチョイス。暖かみのある良い雰囲気です。使われている楽器がほとんどギターなどの弦楽器なのでその点でもPROline@2500との相性は良い感じ。ヴォーカルはほとんど刺さることもなく、引っ込んだところもなく楽しめました。

/F/UK/FOLK/PROLINE@2500/まったり/
やっぱ、"tone"は名曲だ。

Glorious: The Singles 1997-2007Amazonで詳しく見る by G-Tools
2007年 / NATALIE IMBRUGLIA / GLORIOUS THE SINGLES 97-07 (Sony BMG)

瑞々しいという言葉がぴったりのオーストラリア出身、ナタリー・インブルーリアのベスト・アルバム。過去3作のオリジナル・アルバムはすべて持っているのですが、"Glorious"をはじめとする新曲数曲収録、過去のPVをすべてあつめたDVDが付く(DVDなしもあります)、そして素敵なジャケット、ということで購入。

"tone"、"That Day"をはじめ代表曲はすべて収録。こうして彼女の代表曲を続けて聴くと、フレッシュで心が洗われるようですね~。

試聴:myspaceで。"Glorious"や"tone"など。

"tone"は曲もいいけど、PVもいい!。ちょっとした表情や仕草などがむっちゃ愛くるしくて、彼女の魅力爆発!DVDを10回ぐらい見ちゃいました(嘘)


オリジナル・アルバムはどれもオススメ

1st
LEFT OF THE MIDDLE (AUS)LEFT OF THE MIDDLE (AUS)
Natalie Imbruglia

Rca 1998-09-14
売り上げランキング : 68096

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


2nd
White Lilies IslandWhite Lilies Island
Natalie Imbruglia

Rca 2003-07-28
売り上げランキング : 86262

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


3rd 当ブログでもこちらで紹介してます
Counting Down the DaysCounting Down the Days
Natalie Imbruglia

Bmg 2005-04-04
売り上げランキング : 167595

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


このヘッドホンで聴きました:RS-@1
瑞々しい女性ヴォーカルを楽しむなら、最高でしょう。フレッシュで爽やか。

/F/AUS/POP/RS-@1/BEST/DDRIVE/FAVARTIST/
日本人好みじゃないかなー。オススメ。

One Cell In the SeaAmazonで詳しく見る by G-Tools
2007年 / A Fine Frenzy / One Cell In the Sea (Virgin)

USのバンド、ア・ファイン・フレンジーのデビュー・アルバム。ピアノを中心に弦楽器など多彩な楽器を使った演奏はアコースティックで美しく、USのグッド・オールド・ミュージックっぽさをほのかに残しつつも、どことなく切なく陰りを持ったメロディはどちらかというとUKっぽく、叙情的でドラマティック。日本人の好みにかなり合うと思います。どのくらい合いそうかというと全曲「ココロデキクウタ」に収録されてもおかしくないぐらいです(笑)。またUKのKEANEにも影響を受けているそうで、なるほどピアノなどはKEANEっぽいですね。

ヴォーカルのアリソン・シドル(ジャケの人でしょうね)は、エモーショナルでどことなく危うく人間味のある、非常に魅力的な歌声を聴かせてくれます。

デビューアルバムだからなのか、14曲60分強のフルアルバムにもかかわらず結構価格も安く、ネットのHMVではマルチバイ(輸入盤2枚で25%オフ)適用で1,200円代というありえないお得さ。

試聴:ジャケのリンク先のamazon(RA)か、myspaceで。

このヘッドホンで聴きました:K@701
ややシャープさに欠ける録音だが曲の雰囲気的にはあっていて、K@701との相性もよい。ヴォーカルはもちろん美しい。透明感を求める感じじゃないのでもう少し暖かみのある音ならばなお良い感じだったろう。PROline@2500の高域がもう少しおとなしかったならばベスト・フィットだった。でもこちらもかなり良い。

/F/US/POP/K@701/FAVALBUM/
いいね。

カラフルAmazonで詳しく見る by G-Tools
2007年 / 柴田淳 / カラフル (Viictor Entertainment,Inc.(V)(M))

柴田淳ニューシングル。珍しく明るい曲。珍しく英語(と、言っていいよね、笑)のタイトル。伸びやかに歌うしばじゅんの声が心地よい。

毎度おなじみ通常盤と限定盤があります。店頭では通常盤のほうがレアだったなぁ(笑)。ファンは限定盤はネットで予約とかしてるのかしら。まぁ今回限定盤は値段が高めでしたからね・・・。

こちらはDVD付き限定盤
カラフル(初回限定盤)(DVD付)カラフル(初回限定盤)(DVD付)
柴田淳

Viictor Entertainment,Inc.(V)(M) 2007-09-12
売り上げランキング : 92

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


試聴:公式サイト(いきなり流れます、ご注意を)

このヘッドホンで聴きました:ATH-W@1000
カラフルと言えば、ATH-W@1000。キラキラした音でカラフル度が20%アップ。もうひとつある意味カラフルな音と言える、PROline@2500。耳元でじゃんじゃん鳴るW@1000に比べると、一歩引いた感じなのと、思っていたよりもしっとり感がでる。

/F/JP/JPOP/ATH-W@1000/SINGLE/FAVARTIST/
最高にキャッチーで派手で軽薄でダンサブルな、ヴォーカル・ジャズ・ハウス

モア・タイムAmazonで詳しく見る by G-Tools
2007年 / PILOT JAZOU / more time (Pヴァイン・レコード)

イタリアのクラブ・ジャズ・ユニット、パイロット・ジャズーの2ndアルバム。JAZZ+4つ打ちハウスで生音中心。もはやキャッチーという言葉が陳腐に思えるほどのキャッチーさ、派手に鳴りまくるホーン・セクション、さらにイタリアということで?そこはかとなく漂うおしゃれ感は軽薄な下品さとは紙一重の絶妙さ、さらにさらにラテン~ブラジリアン・テイストも加わわるわ、ラップもあるわ、そしてとどめはほとんどの曲には女性ヴォーカルをフューチャー!!テンションあがりっぱなしデス。

SCHEMAをとにかく明るく派手に軽薄にした感じというところでしょうか。ここまで徹底的にやってくれたことに拍手。

試聴:公式サイト

このヘッドホンで聴きました;RS-@1
ほぼ文句なし。テンション高くのり最高。ホーン・セクションはかなり鮮やかで耳にイタ気持ち良い。ウッドベースの力感がもの足りないのは、この際仕方がない。許す。

/F/EUR/CLUBJAZZ/RS-@1/FAVALBUM/DRIVE/のりがよい/

軽快で爽やかなピアノ・トリオ+女性ヴォーカル

Vocal PointAmazonで詳しく見る by G-Tools
2004年 / Kelly Dickson / Vocal Point (Lady K)

北アイルランド出身のジャズ・シンガー、ケリー・ディックソンのデビュー・アルバム。ピアノ・トリオ+テナー・サックスをバックにジャズのスタンダードを聴かせてくれる、軽快でスウインギンなジャズ・ヴォーカル・アルバムです。彼女のヴォーカルは歯切れが良く、さっぱりとした歌い口。元ファンク、ソウル・シンガーということもあってか一本調子ということもない。力強く姉御肌な印象でたまにはこういうヴォーカルもいいですね。元スタイル・カウンシルのミック・タルボット、スティーブ・ホワイトらと競演したことがあるということで興味を持ち購入。

試聴:公式サイトで(MP3)

amazonはめちゃ高く、ネットで購入するならHMVか@TOWER.JPがお安い。

このヘッドホンで聴きました;K@701
軽快で爽やかなピアノ・トリオの演奏+女性ヴォーカルならばK@701が良く合います。ただしたまに加わるサックスの音色はやや鮮やかさに不満があるかな。好みの問題とは思いますが。

/F/UK/JAZZ/K@701/
深く静かに

Sonata Mix Dwarf CosmosAmazonで詳しく見る by G-Tools
2007年 / susanna / sonata mix dwarf cosmos (Rune Grammaphon NW)

ノルウェー出身、スサンナ&ザ・マジカル・オーケストラのヴォーカル、スサンナのソロ・デビュー・アルバム(歌詞は英語)。ピアノとギター中心のシンプルな伴奏&スローな曲ばかりのアルバムで、のりやキャッチーといった言葉とはまったく無縁。ちょっと聴いただけでは退屈に感じるが、何度か聴くと俗世間から隔離されたかのような独特の世界観が深く静かに沁みこんでくる感じがある。スサンナのヴォーカルは繊細で北欧らしい透明感があり美しい。

試聴:ジャケのリンク先のamazonで。(RA)

このヘッドホンで聴きました:K@501
K@701に比べ硬質でより透明感があり、清浄な空気に満たされたようなイメージで曲に良く合いました。

/F/EUR/POP/K@501/
ヴォーカルの存在感がすごい。

メイド・イン・ヨーロッパAmazonで詳しく見る by G-Tools
2005年 / CAROLINE HENDERSON / MADE IN EUROPE (コロムビアミュージックエンタテインメント)

デンマークを拠点に活躍しているUS生まれのスウェーデン人、キャロライン・ヘンダーソンの6枚目のアルバム。デンマークでは皇太子の結婚式セレモニーで歌うなど国民的な人気を誇る彼女ですが、このアルバムは日本デビューアルバムでもあります。

曲はジャズのスタンダードが中心で後はオリジナルやタンゴなど。60人編成のオーケストラをバックに歌う曲もありいろいろと楽しませてくれます。全体的にはしっとりと落ち着いた雰囲気で、リラックスして聴くにはなかなかよいでしょう。

彼女のヴォーカルは、どことなく儚さをまといながらも非常に情感豊か。録音もあるのでしょうがとても存在感があり(ちょっと矛盾してるかな)、引き込まれます。素晴らしい。

ジャケに惹かれたのは言うまでもない。

試聴:@TOWER.JPで(WMA、RA)

このアルバムのamazonのページにある、"この商品を買った人はこんな商品も買っています"で紹介されているアルバムがすべて当ブログで紹介したCDか、アーティストのものだったのには笑った。"この商品を買った人は~"は私にとってなかなか当てになるということですね。

このヘッドホンで聴きました:DT@880
北欧ものということで最初K@701で聴きました。ヴォーカルの表現力、存在感は素晴らしいですね。つづいてDT@880で聴きましたが、曲の雰囲気はやっぱりこちらのほうが抜群に合います。ややヴォーカルの存在感がK@701に比べ薄れますが、それを差し引いてもこの雰囲気の良さは捨てられません。ジャズ聴くなら絶対DT@880をオススメしたいです。

/F/EUR/JAZZ/DT@880/VOCAL/
my favorit soul singer!!!

Lost & FoundAmazonで詳しく見る by G-Tools
2007年 / LEDISI / Lost & Found (Verve Forecast)

USのソウル・シンガー、レディシのNewアルバム。私の大好きなシンガーでアルバムの到着を待ちわびていました!

彼女の歌声はとてもソウルフルで自由奔放。自分の演っている音楽を心底楽しんでいる感じがビシバシ伝わり、これほど私の心に響いたシンガーはなかなかいません。

数年前来日したこともあり、今はなきブルーノート大阪(現ビルボードライブ大阪)でのライブを見に行きました。アルバム以上にその歌声はソウルフルでパワフル。とても素晴らしいステージで感激。ライブが終わり彼女が楽屋に戻る際には握手することもでき、とても楽しい一夜だったことを今でも覚えています。

過去2枚アルバムをリリースしていますが、どちらもインディーのため残念ながら現在は入手困難となっています。しかしネット上の評価は非常に高く、当時は知る人ぞ知るという存在でした。

それから5年ついにメジャーと契約し、リリースしたのがこのアルバムです。素晴らしいです。最高です。彼女の歌声がたっぷり味わえます。ソウル/R&Bファンだけでなく音楽好きの方すべてにオススメしたいアルバムです。今なら大手CDショップで試聴もできるのではないかと思います。是非聴いてみてください!

試聴:公式サイトで数曲。過去の曲も聴けます。ジャケのリンク先のamazonでも試聴可(RA)

これが、過去2作のアルバム。右が1stの"Soulsinger"、左が2ndの"Feeling Orange but Sometimes Blue"どちらも素晴らしいアルバムです。
Ledisi_01


このヘッドホンで聴きました:ATH-AD@2000
ATH-AD@2000、DT@880、HP@1000。このアルバムを聴くにあたって最初に頭に浮かんだヘッドホン達です。その中でソウルフルでパワフルな彼女のヴォーカルをしっかり聴かせてくれるのはAD@2000が一番と思い、チョイス。文句なし。録音もいいアルバムです。

/F/US/SOUL/ATH-AD@2000/FAVARTIST/
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。