No MP3 No Life

Life is too short for boring Hi-Fi (DENSEN http://www.imaico.co.jp/densen/ のスローガンより)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
病みつきになるヴォーカル。メロディーもグッド。

アッタガールAmazonで詳しく見る by G-Tools
2005年 / bettie serveert / attagirl (インディーズ・メーカー)

オランダで結成された、女性ヴォーカル・ギター・ポップ・ロックバンド、ベティ・サーヴァートのアルバム。86年結成、92年1stアルバムリリースということだから、もはやベテランと言えるバンドですね。ギターに打ち込み、ポップなメロディーはどちらかというとクラブ・ミュージックっぽい。またアコースティックな曲も美しく聞かせてくれます。

ヴォーカルのキャロルの声はややハスキーでけだるく、退廃的な雰囲気を醸し出す。ただどこか切なく儚さや危うさを感じさせ一度聴いちゃったら、ちょっと気になる存在になっちゃうかも。というか私はなっちゃいました(笑)

ちなみにこのアルバム、タワレコのワゴン・セールにて500円で投売りされていました。以前からジャケが気になっていたんでいつか買おうと思っていたんですが得しました。

試聴:myspaceで2曲(Lover I Don't Have To Love、You've Changed)

このヘッドホンで聴きました:PROline@2500
ヴォーカルは結構刺さるがのりよく楽しめます。RS-@1でも聴きましたが健康的なサウンドになりますね(笑)

/F/EUR/ROCK/PROline@2500/VOCAL/GUITAR/
スポンサーサイト
軽快で美メロなアメリカン・ポップ・ロック

Worship in the WaitingAmazonで詳しく見る by G-Tools
2007年 / FFH / WORKSHIP IN THE WAITING (Kindred)

USの4人組バンド(男3女1)、FFHの6thアルバム。美メロ満載の軽快、爽やか、アメリカン・ポップ・ロック・アルバム。非常に分かりやすく耳に良く馴染むメロディーに、心地よいハーモニーが良い感じ。ジャケもいいですね。ヴォーカルは男7:女3(この二人は夫婦でもあります)というところ。

まぁこういう音楽を聴いて不快に思う人はまずいないだろうと思います。

試聴:myspaceで4曲。

このヘッドホンで聴きました:RS-@1
軽快で爽やかなアメリカン・ロックと言えば、こいつで決まり。

/D/US/ROCK/RS-@1/爽やか/
ゆったりと流れる穏やかな時間

Raising SandAmazonで詳しく見る by G-Tools
2007年 / Robert Plant & Alison Krauss / Raising Sand (Rounder)

元レッド・ツェッペリンのヴォーカリスト、ロバート・プラントとブルー・グラス界の歌姫アリソン・クラウスのカヴァー・デュエット・アルバム。ブルース、カントリー、フォーク、R&Bなど多彩な楽曲がゆったりと流れ、心地よいひと時を楽しませてくれます。

アリソン・クラウスの歌声は相変わらず透明感があり美しいが、それ以上にロバート・プラントの穏やかな歌声がとても印象的。

試聴:ジャケのリンク先のamazonで(RA)

このヘッドホンで聴きました:DT@880
落ち着いた雰囲気を狙っての選択。確かに雰囲気は良かったが音がややタイトで線の細さがきつさを感じさせるかな。もう少しふくよかで暖かみがあるともっとよさそう。PROline@2500はその点でかなり良い感じに鳴らしてくれる。

/D/US/COUNTRY/DT@880/COVER/
ロマンティック・ポップ

イン・アワ・ベッドルーム・アフター・ザ・ウォー(DVD付)Amazonで詳しく見る by G-Tools
2007年 / Stars / IN OUR BEDROOM AFTER THE WAR (ポニーキャニオン)

カナダの男女ツインヴォーカル・5人組みバンド、スターズの4thアルバム。ロックなのりや爽快感のある曲は少なく、どちらかというと繊細で優しい雰囲気。シンセを多用したサウンドは凝っていて、彼ら独特の世界観を感じさせてくれる。表題曲は美しいメロディー、多様なサウンド、コーラスでアルバム最後を飾るにふさわしい素晴らしい盛り上がりを見せてくれます。

Vo.のエイミー・ミラン嬢は、ややロリータの入った甘い声。囁くような歌い方が魅力的です。

試聴:@TOWER.JPで(WMA、RA)

このヘッドホンで聴きました:RS-@1
煌くような暖かみのある音が良い感じ。

/D/US/ROCK/RS-@1/
曲も見た目もあの御方に似てきました。

DeltaAmazonで詳しく見る by G-Tools
2007年 / Delta Goodrem / DELTA (Sony Bmg)

オーストラリアの歌姫、デルタ・グッドレムの3rd。1st2ndは当ブログで賞賛を持って紹介しております。その3rdですからワクワクして聴きましたよ。ええ。

初めに断っておきますが、今作も素晴らしいアルバムだと思います。相変わらず曲のクオリティは高く、よりスケールが大きくなり、ドラマティックで聴き応えがあります。そして彼女の透明感のある美しいヴォーカルも健在です。

ただ今までの彼女とは違います。

曲は過去作で見られたピアノが印象的な切なく瑞々しい王道ポップスからは離れ、セリーヌ・ディオンのような重厚なバラードやアップテンポな曲、R&Bぽい曲が増え、これはこれでなかなか素晴らしい内容なのですが、1st、2ndから聴き続けたものにとっては違和感はあります。彼女の魅力のひとつであった瑞々しさがあまり感じられなくなったのはかなり残念。例えるなら、素朴だった同級生が数年後すっかり垢抜けて化粧の上手な女性に変わっていたのを見た時に感じる少し複雑な気持ちとでも言いましょうか(笑)

セリーヌ・ディオンやケリー・クラークソンの1stが好きな人にオススメ。

amazonにジャケ写がないのでアップ。セリーヌ・ディオンに曲だけでなく見た目も似てきました。
delta_goodrem_delta


試聴:公式サイトで(上部メニューのMUSICをクリック後、中央右のDeltaをクリック)

このヘッドホンで聴きました:K@701
壮大なバラードもR&Bっぽい曲にもよく合います。

/F/AUS/POPS/K@701/FAVARTIST/
大人になりました。

Fast Lane AddictionAmazonで詳しく見る by G-Tools
2007年 / SHANNON CURFMAN / FAST LANE ADDICTION (CC)

USのブルース/ロック・ギタリストでありシンガーでもある、シャノン・カーフマンの2nd。デビューは1999年で当時なんと14歳!。しかし14歳とはとても思えぬヴォーカルとギター・プレイで楽しませてくれました。あれから8年ぶりとなるこの2ndですが、基本的にデビュー作と同じブルージーなロックと言う感じでそれほどブルースよりではないですね。でもやっぱり普通のロックに比べれば渋い。が、それをこんな若い女性がやっているというのがかっこいいです。

前作に比べるとさすがに落ち着いたな~感はあります。声も低くなりましたね。逆に言うとやや突き抜けた感じが薄れているかな。

試聴:ジャケのリンク先のamazonで(RA)

とても当時14歳とは思えない、パワフルでソウルフルなヴォーカル&ギターを聴かせてくれた1st。
Loud Guitars, Big SuspicionsLoud Guitars, Big Suspicions
Shannon Curfman

Arista 1999-09-28
売り上げランキング : 144800

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


このヘッドホンで聴きました:ATH-AD@2000
RS-@1は恐らく抜けが良過ぎて合わないだろうと思い、ATH-AD@2000をチョイス。ダイナミックで力強い鳴り方。PROline@2500は1stは結構はまったんですが、今作はちょっと全体的に音が窮屈でいまひとつ合わない感じ。1stはかなり楽しく聴けたんですけどねー。録音の違いでしょうか。ロックや特にギターとか楽しく聴かせてくれる機種なんですが、残念。

/F/US/ROCK/ATH-AD@2000/BLUES/GUITAR/
染みました

ポ’ガールAmazonで詳しく見る by G-Tools
2007年 / po' girl / po' girl (POKAPOKA RECORDS)

カナダ出身?の女性デュオ(現在は女性4人組み)、ポ'ガールの2004年リリースのデビュー・アルバム(購入したのは2007年にリリースされた日本盤)。基本的にはアコースティックなフォークでしょうか。それにジャズ、ブルース、カントリーなどが絡んだ内容。

試聴してやられたアルバムです。ゆるい、というのが適切な表現かどうか分かりませんが、とても人間味溢れる演奏に、時にけだるく、時に力強くソウルフルで魅力的なヴォーカルがたまらく心地よいです。酒と煙草が似合う雰囲気、時代で言うと"昭和"って感じ(それでいて古臭さは感じさせません)。心に染みました~と同時に俺もオヤジになったもんだな、とも思いました(笑)

このアルバムを含め3作リリースされていますが、残りの2作も聴きたくなったのでいつか買っちゃうと思います。

試聴:公式サイトで2曲。左の"music"をクリックして切り替わった画面の下にスクロール。

このヘッドホンで聴きました:RS-@1
いい録音です。特にRS-@1で聴くと立体的で空気感があり、小さなホールで目の前で歌い演奏しているかのようです。

/F/US/FOLK/RS-@1/JAZZY/FAVALBUM/
あまり映画は見ませんが

The Best Man (1999 Film)Amazonで詳しく見る by G-Tools
1999年 / V.A. / THE BEST MAN Music From The Motion Picture (Sony)

映画、"The Best Man"(1999年作、日本では未公開の模様)のサントラです。映画はあまり見なくても、サントラはそこそこ昔から買ってますね。こんなによい音楽に出会えるのですから。

参加アーティストが豪華です。ザ・ルーツ、マックスウェル、エリック・べネイ、ケニー・ラティモア、フェイス・エヴァンス、ビヨンセ、ローリン・ヒル、ボブ・マーリー、ミシェル・ンデゲオチェロ等々。映画の内容が群像青春ドラマ?っぽいブラック・ムービーなので、それらしい曲が多いかな。甘く暖かなソウル・ミュージック満載です。中でもローリン・ヒル&ボブ・マーリーの"Turn Your Lights Down Low"は名曲だわ~。

試聴:リンク先のamazonで。

このヘッドホンで聴きました:ATH-AD@2000
ちょっとヘッドホンの選択に困ったアルバムです。ブラック・ミュージックとなるとHP@1000、DT@880を候補にしますが、ちょっとイメージが違う感じ。消去法になりますが、残ったのがAD@2000でした。AD@2000は私の中ではだいたい消去法で選択する機会が多いヘッドホンになってしまいましたが、大概なんでもいけるので頼りにしています。このアルバムについても概ね不満はないですが、もう少し暖かみが欲しいかなー。

/D/US/SOUL/ATH-AD@2000/SOUNDTRACK/SWEET/
耳当たりが心地よいサウンドにヴォーカル。

ArrebolAmazonで詳しく見る by G-Tools
2007年 / aline de lima / arrebol (Naive)

ブラジル出身のシンガー、aline de lima のアルバム。詳細は不明ですがフランスで活動しているのでしょうか、フランスのレーベルnaiveからのリリース。基本的にブラジル音楽ですがそのサウンドは上品で洗練されており、中にはアーバンでジャジーな雰囲気の曲もあり、ほどよくクールダウンされたところがなかなか心地よいです。

彼女のヴォーカルは癖がなくとても聴きやすい。その声でさら~っと歌うのでBGMにも最適。また女性らしい美しさと可愛らしさを兼ね備えていて、私の中ではかなり好印象。

試聴:myspace

このヘッドホンで聴きました:DT@880
かなり相性がよい。落ち着いた心地よい雰囲気で楽しめます。ヴォーカルや個々の音も美しいですね。録音も良いと思います。

/F/WORLD/POP/DT@880/BRAZIL/VOCAL/
独特のジャズ・フォーク・サウンド

Between Me & the WardrobeAmazonで詳しく見る by G-Tools
2007年 / gwyneth herbert / between me & the wardrobe (Blue Note)

UKのSSW、グィネス・ハーバードの3rdアルバム。ブルーノートからのリリースですが、ジャズというよりはフォーク・アルバムですね。1曲の中でがらっとメロディーが転調するなど、曲やアレンジは結構個性的。

囁き語り掛けるような歌い方に素朴で暖かみのあるサウンドは、聴いていてホッとさせてくれます。またライブ形式の録音ということで、閉じた空間の中に身近で歌っているような独特の雰囲気がありますね。

試聴:myspaceで。("Counting Footsteps"以外の3曲)

このヘッドホンで聴きました:RS-@1
ライブ録音ということで、だったらRS-@1かなと。録音自体はなんとなくレンジが狭く感じられ、ハイ・ファイではないですね。狙いがあるんでしょうけど。

/F/UK/FOLK/RS-@1/
エレガントでロマンティックなジャズ・ヴォーカル・アルバムをお探しなら。

エンブレイサブルAmazonで詳しく見る by G-Tools
2007年 / LISA / EMBRACEABLE (スパイス・オブ・ライフ)

スウェーデン出身、ハリウッド女優でもあるリーサの1stアルバム。彼女のヴォーカルはなかなか甘く上品。曲の雰囲気もロマンティックでゴージャスに仕上げてあり、夜の雰囲気を盛り上げるために一役買ってくれそうなアルバムです。

曲はジャズ・スタンダードが中心。ドアーズの"LIGHT MY FIRE"や、チャップリンの"SMILE"のカヴァーなどもあります。デヴィッド・フォスターが1曲、デュエットで参加。

試聴:myspaceで1曲。

このヘッドホンで聴きました:K@701
上品でエレガントな雰囲気に、甘い女性ヴォーカルとなるとやはりK@701の出番ですね。アルバムの雰囲気とよくマッチしています。録音も綺麗な音です。

/F/EUR/JAZZ/K@701/SWEET/
気に入った。

Just Like YouAmazonで詳しく見る by G-Tools
2007年 / KEYSHIA COLE / just like you (Geffen)

USのヒップアップソウル/R&Bシンガー、キーシャ・コールの2nd。前作のデビュー・アルバムはなかなか評判が良かったが個人的にはいまひとつ。が、今作はかなりヒット。何度も聴きたくなる出来です。

基本的にヒップアップソウル/R&Bですが抑えた曲調の曲が多く伴奏もシンプル、メロウな雰囲気とともにヴォーカルで勝負しているところが気に入ってます。こうして改めて聴くとパンチがありソウルフルでいいヴォーカルですね。前作に比べるとバラード曲が増え、しかもどれもなかなか良い曲ばかり。前作の"Love"よりも個人的にはこのアルバムに収録されているバラードのほうが断然良いと思います。

試聴:ジャケのリンク先のamazonで(RA)

このヘッドホンで聴きました:K@181DJ
この手のジャンルを楽しく聴くために購入したヘッドホンですが、かなり満足しています。女性ヴォーカル限定ですが。(男性ヴォーカルのヒップホップを聴く場合はちょっと線が細い)
側圧の強さが装着感上の難点らしいんですが、なんせ私はこのヘッドホンしていても寝れるぐらいなので(笑)全然問題ありません。

/F/US/R&B/K@181DJ/FAVALBUM/

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。