No MP3 No Life

Life is too short for boring Hi-Fi (DENSEN http://www.imaico.co.jp/densen/ のスローガンより)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
晴れのち曇り?

Watch the SkyAmazonで詳しく見る by G-Tools
2008年 / patty larkin / watch the sky (Vanguard Records)

USのフォーク・カントリーSSW、パティ・ラーキンの最新作。彼女は80年代から活躍しているベテランです。

ジャケとアルバム・タイトルに惹かれ購入しましたが、若干それらか受けるイメージとは違いました。青空を見上げているようなゆったりとした心地よい曲もありますが、後半になるにつれてやや曇り空に・・・。まぁ彼女が演奏するギター、ベース類、弦楽器を楽しむアルバムでしょうかね。

試聴:公式サイトか("enter pattylarkin.com"→"discography")、ジャケのリンク先のamazonで。(RA)

このヘッドホンで聴きました:RS-@1
臨場感抜群。

/F/US/FOLK/RS-@1/
スポンサーサイト
アメリカン・ロック+スウェーデン・ポップ

ザ・レコードAmazonで詳しく見る by G-Tools
2003年 / CHERrY RED / THE RECORD (WOOD RECORDS/ウッドストック)

USのシンガー、シャナ・スミスがスウェーデン人のプロデューサと組み、スウェーデンでリリースしたアルバム。当時彼女は19歳でチェリー・レッドはバンド名です。アメリカン・ギター・ロックにスウェーデンらしいポップさが加わった、単純明快なのりの良さとちょっとだけ切なさを持ったポップ・ロック・アルバムです。特に強調するところはありませんがどの曲もポップでキャッチー、特に11曲目は気持ちよく乗れてお気に入りの1曲。

ポップなガールズ・ロック好きの人は気に入るかもしれません。

amazonにジャケ写がないので、アップ
cherry_red_01


試聴:見つかりませんでした。

このヘッドホンで聴きました:PROline@2500
明るくのりよく楽しめます。RS-@1も当然良く、PROline@2500に比べ私的には低域に不満はありませんでした。

/F/EUR/ROCK/PROLINE@2500/DDRIVE/

ゆったりと心地よい時間が流れる。

Tim's HouseAmazonで詳しく見る by G-Tools
2008年 / kate walsh / tim's house (Verve Forecast)

UKのSSW、ケイト・ウォルシュのデビューアルバム。アコギを中心にフォーキーでしっとりとした雰囲気がとても心地よいです。彼女の声はやや幼さの残るところはあるが、しっとりと歌い上げ心に染み入ります。いい声ですね。今週は特に仕事が忙しかったので、癒されます~。

試聴:myspacで。ジャケのリンク先のamazonでも聴けます。

このヘッドホンで聴きました:RS-@1
ヴォーカル、アコギの音色とも心地よいです。PROline@2500は基本性能はRS-@1には及ばないものの、RS-@1に比べ少し暖かみが増して、こちらも心地よいですね。いい雰囲気で鳴らしてくれます。

/F/UK/FOLK/RS-@1/SSW/VOCAL/まったり/
歌はいいねぇ

Duets, Friends and LegendsAmazonで詳しく見る by G-Tools
2008年 / Anne Murray / DUETS friends & legends (Manhattan)

カナダを代表するシンガー、アン・マレーのデュエット・アルバム。収録されている17曲すべてが女性シンガーとのデュエット。競演している女性シンガー達はネリー・ファータド、ケルティック・ウーマン、キャロル・キング、オリヴィア・ニュートン・ジョン、k.d.ラング、シャナイア・トゥエイン、シェルビー・リン、エイミー・グラント、サラ・ブライトマン、セリーヌ・ディオン等々錚々たる顔ぶれ。どれも美しいヴォーカルにアコースティックで美しい演奏で、歌の持つ素晴らしさを堪能しました。

ちなみにプロデューサは、私にとってはこれまた歌の素晴らしさを教えてくれたビリー・ジョエルで御馴染みのフィル・ラモーン。

試聴:ジャケのリンク先のamazonで(RA)

このヘッドホンで聴きました:K@701
特別録音が良いとは思わないが、K@701にしては音が丸く聴きやすい。

/F/US/COUNTRY/K@701/VOCAL/
ソウルフル

For Lovers, Dreamers & MeAmazonで詳しく見る by G-Tools
2007年 / Alice Smith / For Lovers, Dreamers & Me (World's Fair)

USのシンガー、アリス・スミスのデビュー・アルバム。様々な音楽的要素がクロスオーバーし明快なジャンル分けは困難ですが、ソウルフルでブルージーなロック、と言う感じでしょうか。うーん、ソウルかなー。まぁとにかく試聴して一発でやられたアルバムで、腰の入った粘りのある彼女のソウルフルなヴォーカルが最高に良いですね。聴かせてくれます。レトロな雰囲気や場末感がそこはかとなく漂う曲はとてもよい出来で、デビューアルバムとは思えない質の高いアルバムだと思います。

試聴:上のジャケのリンク先のamazonか、mypsaceで3曲

このヘッドホンで聴きました:HP@1000
K@701、DT@880はちょっと合わないだろうなと思いHP@1000をチョイス。ある程度線の太い音を出すヘッドホンがこういうソウルフルなアルバムには合うと思います。AD@2000やPROline@2500もよいんじゃないかな。

/F/US/ROCK/HP@1000/FAVALBUM/VOCAL/

へーよーへよーへよー♪

Read My SignAmazonで詳しく見る by G-Tools
1997年 / bell book & candle / read my sign

旧東独のバンド、ベル・ブック&キャンドルのデビューアルバム。歌詞は英語。ジャケのとおり3人組み、ヴォーカル、ギター、ベースのトリオで、あとは打ち込み。打ち込み音は結構多用されていて目立ちます。メロディーは分かりやすくとっつきやすい。結構耳に残るサビのある曲多数。ヴォーカルは伸びやかでパワフル。多分ほとんど無名ではないかと思われますが、このアルバムに収録されている"Heyo"や試聴できる"rescue me"などは当時聴いたことがある人もいるのではないかな・・・と。

試聴:ジャケのリンク先のamazonで1曲(RA)。

このヘッドホンで聴きました:ATH-AD@2000
ダイナミックさと打ち込みとヴォーカルということで。環境を変えて音の広がりがかなり感じられるようになり、かつ全体的にすっきりとした音になりました。

/F/EUR/ROCK/ATH-AD@2000/
見た目アイドルっぽいですが、歌のほうもなかなか

L' Instant d'AprèsAmazonで詳しく見る by G-Tools
2004年 / Natasha St. Pier / L' Instant d'Après (Columbia)

カナダ出身、フランスで活躍しているナターシャ・サン=ピエールの3rdアルバム。歌詞はフランス語。所謂フレンチ・ポップではなく、普通のポップス・アルバムで、90年代風な感じがします。スローでバラード調の曲が多く、昔のセリーヌ・ディオンっぽいかな。

ジャケで分かるとおりかなりの美人さんですが、声も艶があり瑞々しくとても美しいです。曲も水準以上、彼女の歌もなかなかの実力で女性ヴォーカル・ポップス・ファンにオススメ。

試聴:myspaceで1曲(Mourir demain)

このヘッドホンで聴きました:K@701
美しく透明感のある歌声が楽しめます。HP@1000も情報量などは劣りますが、ヴォーカルなどはかなり良く聴けます。低音はこちらのほうが多くやや柔らかめに聴こえるのもいい感じかも。

/F/EUR/POP/K@701/VOCAL/
今後も期待したいSSWのデビュー作

Hurricane GlassAmazonで詳しく見る by G-Tools
2007年 / CATHERINE FEENY / HORRICANE GLASS (Tall Grass)

UKのSSW、キャサリン・フィーニーのデビュー・アルバム。自身のアコギがメインのアコースティックな伴奏が美しいフォーク・ポップ。彼女の歌声はやや鼻にかかったハスキーな歌声で、情感たっぷり。そしてその歌声も曲も音作りも彼女独自の確固たる世界観が確立されていて、統一感のあるアルバムです。強い意志みたいなものも感じますね。ちょっと意識して追いかけたいアーティストです。気に入りました。

試聴:myspaceで3曲。(Mr.Blue、Hush Now、The Shape You're In)

このヘッドホンで聴きました:K@701
曲調に対してやや明るすぎる気もするが、それ以外は文句なし。環境をよくしてさらによくなった1台で、性能の高さを再認識できました。情報量、音の実体感や定位がすばらしいですね。たまにヘッドホンで聴いていることを忘れさせてくれるときがあります。

/F/UK/POP/K@701/SSW/FAVALBUM/
ジャケのイメージのまま、明るく力強いゴスペル

Joyous SalvationAmazonで詳しく見る by G-Tools
2007年 / JOANN ROSARIO / JOYOUS SALVATION (Zomba)

USのゴスペル・シンガー、ジョアン・ロサリオの3rdアルバム。勢いのある力強いゴスペルが堪能できる。R&Bアルバムとしても十分楽しめますよ。彼女の歌声も情感豊かで力強く美しいです。カラフルなジャケもグッド。

試聴:公式サイトで(トップでMusicをクリック)。myspaceでも3曲聴けます。

このヘッドホンで聴きました:HP@1000
環境が変わり化けました、HP@1000。ヴォーカルの美しさはそのままにくっきりとしたHi-Fi調でなおかつ厚みもばっちり。低域は適度に締まり量も十分。アタック感、迫力もそこそこあります。かなり守備範囲が広くなった感じがあります。

/F/US/GOSPEL/HP@1000/FAVALBUM
深みのある大人なヴォーカルが魅力的。

Close to DarkAmazonで詳しく見る by G-Tools
2007年 / BRANDI SHEARER / CLOSE TO DARK (Amoeba)

USのSSW、ブランディ・シアラーのアルバム。オールド・アメリカン・ミュージックとジャズを組み合わせたような内容。囁くように歌う彼女のヴォーカルはなんとも言えない深みがあり、独特の雰囲気があります。酒と紫煙がよく似合いそう。しっとりと心落ち着く一枚。

試聴:ジャケのリンク先のamazonで(RA)。myspaceでも3曲聴けます。

このヘッドホンで聴きました:RS-@1
曲調に比べやや明るすぎな気もするが、雰囲気的には一番しっくりくる。

/F/US/ROCK/RS-@1/しっとり/スモーキー/

新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

さて、新年第一弾は昨年末に購入した電源ケーブル、AET SCR ACの感想です。自分好みのど真ん中の音になったのでべた褒めしていますが・・・。オーディオラック、電源で土台を固め、この電源ケーブルで花開いた感じですね。


PS AUDIOのACジェネレータ、Power Plant PremierとAT-HA5000を繋ぐ電源ケーブルを付属のものからSCR ACに変更しましたが、その結果は変わるか?というレベルではなく、まったく別物と言っていいほどの激変ぶりで、はっきり言って今までとは次元が違うと言わざるを得ません。

・明るく明瞭、今までに比べベールが2、3枚は剥がれた感じ。透明感もアップ。
・情報量アップ
・どの帯域を強調するわけでもなく、とても自然な音色
・滑らかで歪み感がなく、どこまでもストレスなく伸びていくヴォーカルや音色がとても心地よい

とにかくAT-HA5000が別物になったか、思えるほどの美音。そして美音なだけではなく躍動感もあり、音が生き生きとしていて、純粋に音楽を聴いていて楽しいと思える音です。またソースの粗が目立つようなところがないので、生々しさといった点はあまり感じませんが、ヴォーカルや楽器の実体感が半端なく、ある程度のヘッドホンならば前の環境のE9並みに感じます。

・・・もう前の付属の電源ケーブルには戻れません。しかしこれほどの変化が電源ケーブルで得られるとは思いませんでした。ハマってしまいそうで怖いですね。というか、全部の機器のケーブルをこいつに変えたい・・・。


| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。