No MP3 No Life

Life is too short for boring Hi-Fi (DENSEN http://www.imaico.co.jp/densen/ のスローガンより)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
まだまだ私、幼かったです(笑)

My One and Only ThrillAmazonで詳しく見る by G-Tools
2009年 / Melody Gardot / My One and Only Thrill (UCJ)

メロディー・ガルドーはUSのジャズSSW。メジャーデビューとなる2ndアルバム。

前作に比べ、ストリングスというかオーケストラを使用し、まるで映画のサウンドトラックの中の1曲かのようなスケール感のある曲が多くなった。全体的にスタンダードよりなジャズ・ヴォーカルものに仕上がっていて、実はかなり正統派の人?懐が深いなー。

前作にあったスモーキーな場末感に魅力を感じていた私としては、今作はややお行儀がよく感じられてちょっと期待はずれ。悪くはないのですが、このアルバムの良さを分かるにはまだまだ精神的に年齢を重ねないとだめなんだろうなーと思ってしまいました。

試聴:listen.jpで。

このヘッドホンで聴きました:DT@880
雰囲気、ストリングス、ヴォーカルどれをとっても素晴らしいです。

/F/US/JAZZ/DT@880/
スポンサーサイト
待望の新作

AocanaAmazonで詳しく見る by G-Tools
2009年 / Ojos De Brujo / Aocana (Warner Bros.)

オホス・デ・ブルッホはスペイン出身のミクスチャー・バンド。4thアルバムとなる2009年リリースの最新オリジナル・アルバム。

フラメンコを基調として様々な音楽要素をミクスチャーし、熱い女性ヴォーカル、ギターが最高にかっこいいバンドです。このバンドを初めて聴いたのは2006年にリリースされた3rdアルバム"TECHARI "でしたが、私が2006年に聴いたアルバムでNo.1にしたほど、素晴らしい内容でした。

そして待望のオリジナル新作の今作ですが、聴いた感じは前作と大きく変わらず相変わらず素晴らしいオホス・デ・ブルッホ・ワールドが展開。前作に比べ全体的にやや落ち着いた感じの雰囲気(ちょっとクラブっぽい?)ですが、ヴォーカル、ギターには聴き惚れてしまいます。

試聴できるところは見つかりませんでした・・・。タワレコのワールドミュージックのコーナーならまだ試聴できるかも?

このヘッドホンで聴きました:RS-@1
うーん、素晴らしすぎる。ギター、ヴォーカルが素晴らしいのはもちろん、なんか弾力ある低音が気持ちいいです。あまり今まで意識したことなかったですが、ブラスの音色も鮮やか。

/F/EUR/WORLD/RS-@1/FAVARTIST/

コケティッシュなフレンチ・ヴォーカル

Am I BlueAmazonで詳しく見る by G-Tools
2008年 / sarah lenka / am i blue (Emotive)

サラ・レンカはフランスのジャズ・シンガー。2008年リリースのアルバム。

まず美しすぎるジャケに目を奪われます。もうこれだけで私としては買う価値あり、です。内容はスタンダード曲が中心のジャズ・ヴォーカルもの。英語で歌っていますがどこかフレンチっぽくアレンジも独特、しっかり彼女の世界ができているので、あまりスタンダードな曲という印象はありません。

彼女のヴォーカルはコケティッシュで可愛らしいのですが、それが私としてはちょっとやりすぎのように感じてしまうところも。もうちょっとナチュラルに感じられたら、もっとよかったなーというのが正直なところ。

試聴:myspaceで。

このヘッドホンで聴きました:DT@990PRO
濃くディープな感じがでていて良い感じ。ヴォーカルも美しく聴けます。電源まわりをある程度整備しているためか高域の暴れも感じません。結構立体的に聴こえライブ感もありますね。

/F/EUR/JAZZ/DT@990PRO/

まだまだ知らない歌姫っていっぱいいるなぁと思った次第。まぁあたりまえなんですが(笑)

Summer of High HopesAmazonで詳しく見る by G-Tools
2006年 / EMM GRYNER / The Summer of High Hopes (Dead Daisy)

エム・グレイナーはカナダのSSW。2006年リリースのアルバムです。

last.fmのラジオ(残念ながらこの5月から有料になりました)から流れてきた彼女の歌声に一目惚れ。早速CDを買おうと近場のタワレコを3店回りましたが、どの店にも1枚も置いていない・・・。棚に彼女の名前のタグすらなかったので在庫がないとかではなく、そもそも取り扱っていない模様。じゃあネットで、ということでHMV、@TOWER.JP、Amazonを見るとAmazonのしかもほぼマーケットプレイスでしか手に入らないという状態でした。ということでこのアルバムはAmazonにて購入です。今まで5~6枚のオリジナルアルバムとこの3月に新譜もでているらしいのに、日本では無名な存在なのですね・・・。まぁ私も今までまったく知らなかったわけですが。

ちなみに彼女の他にもlast.fmで見つけたカナダの歌姫のCD探しましたが、彼女と同様の状況でした。カナダ出身の素晴らしい歌姫はたくさん日本で知られていますが、まだ無名な歌姫がごろごろいるんでしょうね。あぁもったいない。

前置きが長くなりましたが、このアルバムは初夏を思わせるカラッと爽やかなサウンドに、張りのある美しい彼女のヴォーカルが心地よい1枚です。至って普通の、ややロックよりなポップ・アルバムですがそこがよいのです。

試聴:公式サイト。メニューの"listen"から、"Almighty Love"、"Blackwinged Bird"の2曲

このヘッドホンで聴きました:RS-@1
歌声、ギター、雰囲気どれをとっても最高ですね。GRADO特有の抜けの良さが爽やかさ、開放感を増強して気持ちいいことこの上なし。K@701とはこの点が特に違いますね。

/F/CAN/POP/RS-@1/DDRIVE/

いやー極上

Dez Canções (10 Songs)Amazonで詳しく見る by G-Tools
2009年 / adriana maciel / Dez Canções (IDÉE Records)

アドリアーナ・マシエルはブラジルのシンガー。このアルバムは彼女の最新作となる4thアルバムです。

アコースティックでどこまでも柔らかく優しいナチュラルなサウンドと彼女のヴォーカルが、なんともいえない最上の心地よい雰囲気を醸し出してます。特に雰囲気がダイレクトに伝わってくる視覚的なアレンジと演奏が素晴らしく、彼女の魅力を際立たせていますね。

聴いていてなんか暖かーい気持ちになります。

試聴:myspace

このヘッドホンで聴きました:RS-@1
暖かみの感じられるヘッドホンをということで、RS-@1をチョイス。暖かみがあり柔らかくもちろんヴォーカルも極上でした。K@701はほんの少しだけですが硬質であっさり。

/F/BRZ/POP/RS-@1/FAVALBUM/
ジャケ買いはやめられません(笑)

Sofis_de_Medeiros_01

2008年 / Sofia de Medeiros / BLISS (Deja Musique)
(Amazonで取り扱っていないのでジャケ写をアップ)

ソフィア・ディ・メディロスはカナダ出身のSSW。このアルバムは彼女の1stアルバムかな?

一応ジャンルはR&Bらしいのですが、打ち込みっぽいリズム以外はアコースティックでアコギ、ピアノ、ストリングスの音色が美しい、のりとはまったく無縁のしっとりとした曲が続く内容です。彼女のヴォーカルも実にしっとりとして大人の女性の色香を感じさせる、まさにジャケ写どおり!というヴォーカルを聴かせてくれます。

タワーレコードの実店舗で購入しましたが、もちろん(?)ジャケ買いです(笑)。ネットではAmazonは取り扱いなし、HMVと@TOWER.JPでは取り扱っているようですが、HMVはジャケイメージは未掲載。あまりメジャーでもないようなのでネットでこのアルバムに出会える可能性は少なかったでしょうね。私はネットでもCDは買いますがだいたい指名買いです。こういう偶然の出会いはやっぱり実店舗じゃないと難しく、そういう意味で店舗通いはやめられませんね。そして出会ってしまったらその時に購入しないともう手に入らないかもしれない(ことも結構あります)ので、とりあえず買う、で、枚数が増えていく一方です(笑)

試聴:公式サイトで。(言語選んだ次のページの下のskipをクリックして出たページの左下にプレーヤーがあります)

このヘッドホンで聴きました:K@701
若干音がチープな感じはしますが、アコースティックな美しさは楽しめました。

/F/CAN/R&B/K@701/VOCAL/
iTunesに登録した曲が30,000曲を超えました。2月中旬に20,000曲超えの記事を書きましたので、約3ヶ月で10,000曲登録できたことになります。よく頑張った、俺(笑)

では、例によって30,000曲オーバーのライブラリがどうなったかです。
曲数:30,462曲
アルバム数:2,281枚(うちシングルが3~4%程度)
再生時間:89.8日=2,155時間
AppleLossLess容量:840GB
AAC256kbps(VBR)容量:250.65GB
1分=10MBとして、WAVE容量:1,263GB
AppleLossLess圧縮率:やっぱり66%
(圧縮率は曲によって変わるので参考値程度に見てください)

これで1回でも聴いたアルバムはだいたいiTunesに登録できたのではないかと思います。

・・・あとは未開封のCDがたぶんまだ400枚ぐらいあるので(アホですな、笑)、聴いたら登録していこう・・・

iTunes_090502
そしてやっぱりジャケ写は基本、スキャン(手作業)です(笑)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。