No MP3 No Life

Life is too short for boring Hi-Fi (DENSEN http://www.imaico.co.jp/densen/ のスローガンより)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

関連してるらしい商品

手持ちのヘッドホン、SBC-HP1000、ATH-A900、TriportでCD5001をいろいろなソースを使って聞き比べをしてみました。

■SBC-HP1000
ヴォーカル物がとてもいい感じです。特に女性ヴォーカルは手持ちのヘッドホンの中ではぴか一。きれいで優しく柔らかな音で、女性ヴォーカルの魅力を十分引き出してくれます。そしてヴォーカルの押しが強く、バックの演奏がそれを包み込むように流れ、いい塩梅の立体感があります。ここがヴォーカル物に関してATH-A900とは決定的に違うところでした。反面その優しさのせいで男性ヴォーカルはやや迫力に欠けます。また切れや明瞭さもやや抑えられ気味。元気のよいロックや電子音を多用する音楽にはちょっと向かないと思います。ソウル、アコースティックなポップ、ロック、Jpopなら柴田淳やFayrayなどの系統に相性がよいですね。女性ヴォーカル聴くならこれ。

■ATH-A900
非常に明瞭。また低音から高音までそつなく鳴ってると思います。ただヴォーカルに関してはバックの演奏と一様な音の出方をし、SBC-HP1000にあったような、ヴォーカルを中心にバックの演奏がそれを包み込むといった感じがなく、平面的。さらにちょっと機械的で無機質な感じ。ということでヴォーカルに関してはSBC-HP1000に軍配があがります。ただ、切れや明瞭さはHP1000よりもいいのであうジャンルは、ジャズ、フュージョン、クラシックなどのヴォーカルのないもの(それならいっそのことAKGのヘッドホンで聞いたほうがよさげですが、笑)、あとこれは手持ちのヘッドホンの中からの消去法になってしまいますが、R&B、ハウス、ロック、Jpop全般。MarantzのCDプレーヤーとの組み合わせなので高音がキンキンするかなと思ってたんですが、結構大丈夫でした。そこそこ平均点は高いが突出したものがない優等生といったところですね。その分ちょっとつまらないところがあります。

■Triport
まったく駄目(笑)。お互いの長所をスポイルしあってなんとも中途半端でしまりのない音がします。CD5001で聞く場合、Triportを使うことは今後ないでしょう。


手持ちの3つのヘッドホンを聞き比べたわけですが、のりよく聞かせてくれるという点で満足できるものはありませんでした。これはプレーヤー側の音作りによるところもあるとは思いますが・・・。GRADOのヘッドホンがよさそうなんですけど、開放型で音はだだ漏れらしいのでちょっと環境的につらい。ということで今月末に届く予定のULTRASONEのDJ1PROに大期待しているところです。またジャズ、クラシックを聴くためにAKGのヘッドホンにも興味が湧いてきました。出費がとまらない・・・。

関連してるらしい商品













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://mp3music.blog7.fc2.com/tb.php/197-ebf4c409

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。