No MP3 No Life

Life is too short for boring Hi-Fi (DENSEN http://www.imaico.co.jp/densen/ のスローガンより)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

関連してるらしい商品

ATH-A900の代わりとして購入。初AKGです。

B000A4ZT20AKG スタジオ・モニター K240S

AKG 2002-06-10
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


これ、かなり自分の好みにあった音を鳴らしてくれます。低音は引き締まっていてそれなりに厚みもあり、少なくともスカスカした感じはありません。逆に思ってたよりも目立ちます。高音はさすがAKGなんでしょう、繊細で綺麗な音です。突き刺さるような感じはなくきんきんしたりシャリシャリするようなところもありません。全体としてかなり明瞭で鮮やかなんですが、柔らかみもあり自然な感じがします。音場感も自然です。ATH-A900で感じた不満をほぼ解消してくれてます。分解能とかはA900のほうが優れてるかもしれませんが、私にはオーテクよりもこっちのほうが合っているようです。

ただヴォーカルはやや引っ込み気味で、楽器の表現力に比べて物足りなさを感じます。前奏がすばらしいのにいざ歌が始まってみると、おや?っと思うことが結構ありますね。ただこれはソースによるものかも知れません。またまだ聴き始めてそんなに時間がたってないので、こなれてないだけかもしれません。

付け心地については重量が軽めで、側圧も強くなく良好です。ただしパッドが耳にあたり長時間つけているとちょっと耳が痛くなるかな。

全体的に音作りがうまくまとまっていて上品な音だなーと思います。しかも上品だからといっておとなしくてつまらないか?というとそういうわけではなく、音楽を聴いていて楽しいと思えるヘッドホンです。特に生楽器の音が魅力的ですね。モニター用という事ですが、音楽鑑賞に十分使えます。これが安いところではほぼ1万円ぐらいで買える(量販店では2万弱しますが)というのは、かなりコスト・パフォーマンスが良いのではないでしょうか。ロック・テクノをのりのりで、という使い方には向かないと思いますが、買って良かったと思ってます。さすがオーストリアの老舗メーカーだと思わせてくれましたよ。

(試聴はマランツのCD5001に直挿しです)

関連してるらしい商品













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://mp3music.blog7.fc2.com/tb.php/218-91f7354d

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。