No MP3 No Life

Life is too short for boring Hi-Fi (DENSEN http://www.imaico.co.jp/densen/ のスローガンより)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

関連してるらしい商品

クールでクリアな音が好きなので、購入するヘッドホンは高音に特徴のあるものに偏ってます。が、やっぱり音源によってはもっとウォームさが欲しかったり、明るい音調が曲の雰囲気にあわなかったり・・・。ということでそろそろ違うタイプのヘッドホンが欲しいなぁと物色してたところ、よさそうなものを発見。2006年購入第一弾。これです。

dt880_1
beyerdynamic DT880
暗めの音調、低域の質感、ウォームさなどネットでの評価も高い一品です。

dt880_2
アルミ製のケース付きです。ふちが鋭利なためいつか必ず手を切ります。

dt880_3
ヘッドホンアンプのAT-HA5000とパチリ。

少しさわっただけですが印象など。

■質感
海外製のヘッドホンに質感を求めてはいけません。パッドの位置を調節するあたりなど、特にちゃちぃくて位置調節を頻繁に行っているとすぐ壊れてしまいそうです。一度位置を決めればずれることはほとんど無さそうですが、ちょっと心配。まぁ価格のほとんどは音質に使われていると前向きに考えましょう。最近モデルチェンジしたようですが、質感はあがってるのでしょうか。

■装着感
側圧がかなりゆるく、パッドの肌触りもよいためかなり快適に使えそうな気がする。が、ヘッドバンド部の殆どが頭に密着しそうな感じで、頭頂部への負担が大きそう。


で、肝心の音ですが、まだ聴いてません。いつか改めてレポしたいと思います。

関連してるらしい商品













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://mp3music.blog7.fc2.com/tb.php/265-7334c508

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。