No MP3 No Life

Life is too short for boring Hi-Fi (DENSEN http://www.imaico.co.jp/densen/ のスローガンより)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

関連してるらしい商品

この組み合わせの相性はあまり良くないかなーと思っている。

高解像度で分離もよく明るくくっきりした音。切れがありのりもよく聞かせてくれる。AKGらしい美しい高域にK501よりも豊かになり実体感を伴うようになった中低域。情報量も多くとても高音質だとは思う。

が、私にとってちょっとこの音はくっきりしすぎる。この音にもう少し丸さや柔らかさがあればかなり良いのだが。

つなげているヘッドホンアンプのAT-HA5000も同様の傾向にあるため、よりくっきり感が強調されて聴こえるのだと思う。

K701+AT-HA5000で今のところしっくりくる曲は、

・ジャンルはポップス。クラシックはあまり聴けてませんので良く分かりません。
・ドラムやパーカッションなどのリズム・セクションが必要最小限であまり目立たない。
・ピアノ、アコースティックギター中心でシンプルな演奏。弦楽器はだいたいよい。
・ヴォーカルはあまり高い声じゃないほうが良い。

K501はあの透明感溢れる高音とばっさり切り落としたかのような低域ゆえの硬質さがそのキャラだと思っていたので、聴く曲を選ぶのは仕方が無いと思っています。K701は守備範囲が広がりいろいろな曲でAKGの音が楽しめるのではないかという期待があるので、この手の不満がでてきちゃいますね。

もう少し柔らかい音を出すアンプが欲しいところですね。やっぱりHA-1Aか・・・。

7/19追記
AT-HA5000に接続するRCAケーブルを変更するとかなりいい結果に!

関連してるらしい商品













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://mp3music.blog7.fc2.com/tb.php/365-6831eb91

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。