No MP3 No Life

Life is too short for boring Hi-Fi (DENSEN http://www.imaico.co.jp/densen/ のスローガンより)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

関連してるらしい商品

ほぼ一人でやってみました、の4作目。

ULTRA BLUEAmazonで詳しく見る by G-Tools
2006年 / 宇多田ヒカル / ULTRA BLUE (東芝EMI)

作詞・作曲はもちろん"COLORS"を除くすべての曲のアレンジも自ら行い、演奏のほとんども彼女の打ち込みによるもの。メロディーも初期の頃の耳に残りやすい、分かりやすいものはあまりなく、全体的に一般受けを狙わず自分の世界を突っ走ってますね。今作は"画家の一時期の作品を並べた画廊や個展のような作品"、タワレコのフリーペーパーにそんな彼女のインタビューが載っていましたが、まさにそのとおりって感じ。

収録曲13曲中、6曲が既発曲(シングルとそのカップリング)ということもあり、やはり新鮮味という点で見劣ってしまうのは残念。だが"This is Love"を含めアルバム・オリジナル曲はシングル曲よりもいい曲が多いと思うので、ファンならやっぱり買いかな(笑)。今後タイアップはやめたほうがいいんじゃないのかなぁ。

今作もCCCDで出さなかったのはえらい!

HMVで試聴、PVも視聴できます。

このヘッドホンで聴きました:K240S
K701は激しく合いません。低域が足りないところもあるが多分ソースが追いついていないんじゃないかな、と。ただし生ギター、生ドラム中心で比較的打ち込みが少ない"Be My Last"はそれなりに聴けたので、打ち込みがやっぱり上手くないのかもしれません。まだK240Sのほうがかなり楽しく聴けます。全体的に音の情報量の少ないアルバムで高解像度・ワイドレンジのヘッドホンでは音が単調で薄かった・・・。

6/17追記
CDPをIKEMIに変えてかなり印象が変わった。少なくとも単調で薄い感じはしなくなりました。

/F/JP/JPOP/東芝EMI/DJ1PRO/

関連してるらしい商品













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://mp3music.blog7.fc2.com/tb.php/383-7913d5ec

『ULTRA BLUE』 宇多田ヒカル
宇多田ヒカルのめっちゃ久しぶりに発売されたアルバムです。ま・まってたよーーーっ(><タイトル『超青』なのに(ひでぇ訳;ジャケットのヒカルちゃんは赤!!これだけでもインパクトありますよね~でも、ちゃんと中のピクチャーレーベルCDは青色の服を着て

2006.06.16 02:17 | MONYABLOGDO

宇多田ヒカル 『Ultra Blue』
なんだかレビューするのも久々な感じですが、今日は、4年ぶり4枚目のアルバムをリリースしたHikkyの『ULTRA BLUE』を紹介します。いやーとにかく良いアルバムです。収録曲も2003年にリリースされたTOYOTA WiSHのCMソングともなった「COLORS」、映画「CASSHERN」主題歌と....

2006.06.18 12:42 | VIVA!MUSIC!

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。