No MP3 No Life

Life is too short for boring Hi-Fi (DENSEN http://www.imaico.co.jp/densen/ のスローガンより)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

関連してるらしい商品

意欲作だとは思う。

Back to BasicsAmazonで詳しく見る by G-Tools
2006年 / CHRISTINA AGUILERA / Back to Basics (RCA)

前作"Stripped"から4年ぶり、クリスティーナ・アギレラの新作。"Stripped"はいいアルバムでした。"beautiful"という名曲も生まれました。"Stripped"で脱アイドルを果たしたことで、その次作(つまりこのアルバム)はアーティストとして真価が問われる勝負アルバムという思いもあったのでしょうね。

"1920~40年代のソウル、ジャズ、ブルースの世界観を現代に蘇らせる"というコンセプトで作られた今作、2枚組みと力が入った、コンセプトにも凝った意欲作ですね。ただそのコンセプトは成功したとは言い難いですが・・・。"1920~40年代のソウル、ジャズ、ブルースの世界観"はあくまでも世界観であって、ある程度意識していることは感じられるものの曲そのものがそういう曲ではないこと。そして決定的なのがアギレラは黒人ではないということが感じられてしまうこと。残念ながらアギレラって歌い方はそれほど"黒く"ないんですよね。

だからといってまったくダメとも思わない。アギレラのあの声量のある魅力的なヴォーカルは十分堪能できます。まぁ同世代でこんなアルバム作れるのはアギレラぐらいのような気がするし、ヴォーカリストとしていろいろこれからもがんばって欲しいなーと思った1枚(いや2枚)でした(笑)。

試聴:こちらでどうぞ(WMP)

このヘッドホンで聴きました:K701
アギレラのただでさえすごい声量がRS-1ではがんがん迫ってきて聴いていてちょいきつい。K701はそこまできつくは感じなかったし、のりも良さもちゃんとある。DJ1PROはヴォーカルもきつさを感じるほど迫ってこないし、のりは抜群。こちらもよい。

/F/US/POP/K701/レトロ/

関連してるらしい商品













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://mp3music.blog7.fc2.com/tb.php/439-f038d538

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。