No MP3 No Life

Life is too short for boring Hi-Fi (DENSEN http://www.imaico.co.jp/densen/ のスローガンより)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

関連してるらしい商品

フランス人DJ、ステファン・ポンポニャックがMixしたハウス、ラウンジ系のコンピレーション・アルバム、オテル・コスト(ホテル・コスト)。2002年から現在まで8枚がリリースされ、10月には9枚目がリリースされる予定です。

フランスの高級ホテル"Hotel Costes"の中にあるレストラン、ラウンジでかかる楽曲をステファン・ポンポニャックが選曲しており、それらの楽曲が収録されたのがこのコンピ。彼はこのコンピ・アルバムの成功によりGUCCIのファッションショーのDJまで射止めている。

とまぁ、背景を説明するだけでこれらのアルバムがどんなものか分かって頂けると思いますが(笑)、おしゃれでハイセンスなハウス、ラウンジ系セレブ御用立大人のダンスミュージックといった趣。ジャケットを含めたパッケージも豪華で美しく、"フランス"、"セレブ"というキーワードと共に主なターゲットは女性かなとは思いますね。

ただ、こういった見栄えだけでなく曲自体もなかなか良くて、全体的にしっとりとメロウでジャジー。そこに女性ヴォーカルが絡み極上の雰囲気を醸し出している。

この手の音楽が好きな人ならたまらない内容で、どれか1枚聴くと全部集めてみようかなと思わせてくれます(と言うわけで私は全部揃えてしまったわけですが、笑)。あんまりフランスフランスしていないので入りやすいですし。

Hotel Costes 1Hotel Costes 1
Various Artists
Wagram Records 2002-12-10
ちょっとまとまりに欠ける印象がある。2ndから入るのがオススメ。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
Hotel Costes V.2 - La SuiteHotel Costes V.2 - La Suite
Various Artists
Wagram Records 2002-12-10
雰囲気の良さを残しつつもポップで聴きやすい。これから入るのがオススメ。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
Hotel Costes, Vol. 3: Etage 3Hotel Costes, Vol. 3: Etage 3
Stéphane Pompougnac
Wagram 2000-11-07
やや懐かし目の曲調をおしゃれに

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
Hotel Costes, Vol. 4: QuatreHotel Costes, Vol. 4: Quatre
Stéphane Pompougnac
Wagram 2001-11-13
ブレイク・ビーツ色が強く、クールでかっこよさが目立つ。オススメ。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
Hotel Costes 5Hotel Costes 5
Wagram Records 2002-10-29
穏やかな印象。クレモンティーヌが歌うオーシャンゼリゼ、あります。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
Hotel Costes, Vol. 6Hotel Costes, Vol. 6
Stéphane Pompougnac
Pschent Music 2003-09-30
ジャズっぽく生っぽくしっとりと

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
Hotel Costes, Vol. 7Hotel Costes, Vol. 7
Stéphane Pompougnac
Wagram 2004-09-28
ちょっと一休み・・・かな?

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
Hotel Costes, Vol. 8Hotel Costes, Vol. 8
Stéphane Pompougnac
Pschent Music 2005-09-27
多種多彩。他が気に入ったならこれも。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
Hotel Costes: Best of CostesHotel Costes: Best of Costes
Various Artists
Pschent Music 2004-11-30
ベストもでてます。持ってないけど・・・

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
とりあえずオススメは2か4。4はやや偏っているので2から入るのが一番いいかも。とりあえずベスト盤でお試しってのもありかな。これが気に入ったら他も。

試聴:HMVでできたりできなかったり


ブレイク・ビーツ風の4はEdition9で聴くと低音がかなりキモチイイ・・・。他も生音、打ち込み、様々な楽器にヴォーカルと音が多岐に渡る結構ヘッドホン泣かせなアルバムですが、E9は高次元でオールマイティに楽しませてくれますね。

関連してるらしい商品













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://mp3music.blog7.fc2.com/tb.php/464-64134922

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。