No MP3 No Life

Life is too short for boring Hi-Fi (DENSEN http://www.imaico.co.jp/densen/ のスローガンより)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

関連してるらしい商品

フィドル(フィドラー)という言葉を初めて知る。

エラナ・ジェイムズAmazonで詳しく見る by G-Tools
2006年 / ELANA JAMES / ELANA JAMES (Buffalo Records)

フィドルとはヴァイオリンのことで、演奏のスタイルにより呼び分けられ、クラシックやジャズだとヴァイオリン、民族音楽やカントリーだとフィドルという呼ぶそうです。

エラナ・ジェイムズはUSのヴァイオリニストにしてフィドラー、そして曲の自作もするヴォーカリストでもあります。もとはウエスタン・スウィング・バンドのホット・クラブ・オブ・カウタウンの一員、ソロでは2005年にボブ・ディランのツアーバンドの正式メンバーにも選ばれるなど活躍し、今回初のソロ・アルバムとなる本作をリリースしました。

内容はエレナのフィドルとヴォーカルをメインとしたカントリー、ウエスタン・スウィング、ジャズ・スタンダード。曲の半分ぐらいはエレナの自作、残りはデューク・エリントンのカヴァーなどで、ボブ・ディランの"One More Night"のカヴァーもあります。

エレナのヴォーカルは繊細というよりは快活。時に甘いヴォーカルを聴かせてくれることもあるが基本的にはさっぱりとした印象でいかにもアメリカーンな感じ。

全体的に明るくスウインギンなアルバムで、CD帯にあるような秋の夜長に・・・という感じはあまりしない。

試聴:公式サイト(WMP)かこちら(MP3)で。

このヘッドホンで聴きました:RS-1
DT880とRS-1で聴いてみました。RS-1のほうが明瞭で軽やか、のりがよい。ベース、ギター、ピアノ、ヴォーカルなどもDT880よりいい感じだが、肝心のフィドルはDT880に比べちょっと薄っぺらく音の深みが物足りない。滑らかさも今ひとつ(あくまでDT880に比べて)。まぁそのおかげで全体的にラフでより軽快な感じが楽しめるとも言えますが。RS-1はやっぱりアメリカーンな曲が合いますね。

/F/US/JAZZ/RS-1/ヴァイオリン/

関連してるらしい商品













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://mp3music.blog7.fc2.com/tb.php/506-0a57c4ae

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。