No MP3 No Life

Life is too short for boring Hi-Fi (DENSEN http://www.imaico.co.jp/densen/ のスローガンより)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

関連してるらしい商品

金曜日に届いたPS AUDIOの新DAC、Digital Link IIIですが、二晩通電して(DLIIIは電源スイッチがなく通電しっぱなし。信号の入力がなければ待機状態になる)音がかなり変わりました。開梱したての通電当初数時間の音は正直言ってかなりひどかったです(笑)。

ということで、今後も音は変わっていくかも知れませんが、とりあえず現時点での感想を少し。

環境はAppleLossLessをiTunesで再生し、PC → AirMacExpress → DLIII → TRV-84HDです。PC、AME間は無線(LAN)。AME、DLIII間は光(TOSLINK)。DLIII、TRV-84HD間はアンバランス接続でケーブルはIKEMI付属のLINN製ケーブルを使用しています。DLIIIの電源ケーブルはDLIII付属のものです。壁のコンセントに繋いでいる1,000円ぐらいのタップに挿してます。使用したヘッドホンは、K701、DT880、RS-1、Edition9、DJ1PROです。

・音場はかなり広大。
アンバランス接続ですが、それでもかなりの広さを感じます。IKEMIのアナログアウトよりも広いんじゃないでしょうか。自分の頭を中心に前後左右ドーム状に広がってるように感じます。ヴォーカルは引っ込むことなく目の前に定位します。

・開放的で力強い、ややラフな感じ
音の傾向を繊細か力強いかでいうと、力強いほうだと思います。そして滑らかでしっとりとした美音というよりは切れがありややラフで軽快。このあたりはもうちょっと落ち着いた感じがあってもよかったかも。

・空気感、臨場感がある
なにかスタジオ録音のものでも、ライブっぽく聴こえてきます。モニターっぽくはなく聴いていて楽しい音。

・高域より
全体的に高域より。ただしキンキンした感じはありません。バランスという点ではDA53のほうがよい感じ。開放型のヘッドホンで聞いているとやや薄く、浮ついてちょっとちゃかちゃかした感じがすることもあります。録音の内容も結構影響ありそうです。

・12/4 0:05追記
Edition9でおおよそ3時間ぐらい聴きっぱなしですが、聴き疲れ皆無。結構刺激的な音に感じるが一向に疲れませんね。

・・・

結構個性的な音だと思います。DA53のほうがまだ万人受けする音と言えるかも知れません。ヘッドホンで聞く場合は今のところ開放型よりも密閉型で聴いた方がしっくりくるケースが多いですね。Edition9で聴くその音は楽しくかなりの実力を感じますし、これが開放型のヘッドホンでも感じられればかなり文句のないところ。


ただ聴いていて思ったんですが・・・電源強化したほうが良さそうだなぁ、と(笑)

12/4 21:18追記 さらに感想を次エントリーに追加("高域より"の記述の部分はどうもTRV-84HDにも一因があったようです。AT-HA5000に変えて聴いてみました)

関連してるらしい商品

P500PLUSは、音がかなり安定するような感じでしょうか。
実は数種類の音を変えるモードまでついていたりします。
ノイズ感もかなり減少されて、手放せなくなっています。
発熱はちょっとはありますが、かなり使った後に天板に触っても、熱いと思うほどではないと思います。

・・・というわけで、どうします?(笑)

2006.12.04 20:54 URL | ahtoh #EYK6T/Tw [ 編集 ]

>>ahtohさん
わざわざこちらにありがとうございます。

置き場所がまだ確保できないのです・・・(置き場所あったら買うのかよ!、買ってたかも、笑)
発熱があまりないなら、置き場所の選択が少し増えました。さて、どうしましょ(笑)

2006.12.04 21:45 URL | skyy_golf4@管理人 #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://mp3music.blog7.fc2.com/tb.php/526-ec20e73e

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。