No MP3 No Life

Life is too short for boring Hi-Fi (DENSEN http://www.imaico.co.jp/densen/ のスローガンより)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

関連してるらしい商品

今日はHPAを真空管のTRV-84HDから、AT-HA5000に変えて聴いてみました。TRV-84HDで聴いてきたのは、今まで使用していたDA53と同じ環境で聴いてみたほうが違いがよく分かるからという理由からですが、このためちょっとDLIIIを見誤ってしまったところもあったようです。ひょっとしてさらに音が変わった可能性もありますが・・・。

とりあえずK701で聴いてみました。

AT-HA5000に変えることで、かなり解像度が増し、個々の音の質感もぐっと増しました。開放型のヘッドホンで聴くとやや薄く、浮ついてちゃかちゃかした感じがすると前回書きましたが、完全に払拭されました。それでいて力強さ、軽快さは失われず、特に切れ、アタック感は鮮烈。K701で聴いてもまったりしない!(笑)。前日は高域よりとも感じましたが、フラットにやや近い感じがします。ヴォーカルの息づかいや微妙なニュアンスもかなりのものです。音場は広いのですが、遠いというのではなく、近くで広い。音が押し寄せる感じです。

この音ならば人にオススメできると思いました。

IKEMIのアナログアウトに比べれば、まだラフで固く音の厚みも及びませんが、これは使用しているケーブルの差(IKEMIとAT-HA5000がaudioquestのJaguar使用、DLIIIはIKEMI付属のケーブル)も大きい気がします。なにより定価60万以上のCDPと比べちゃいけません(笑)、が、比べたくなる音ですね。

・・・

ということで、DLIIIとAT-HA5000をaudioquestのJaguarで繋ぎ変えてみましたが、これはもう・・・鮮烈。解像度の高さや個々の音の質感の良さはもちろん、立ち上がりの早さ、制動のよさ、アタック感、力強さ、切れ、厚み、申し分ありません。まったり系と言われるK701の刺激的で躍動感のあるこんな音は聴いたことがありません。

まったりとした曲も十分その良さを感じられますが、どちらかというと躍動感のある力強い曲のほうが良く合うように感じます。

とにかくPCで聴いているということを完全に忘れさせてくれる音です。


DLIIIに繋ぐアンプもそれなりのアンプや、環境を用意してやらないと実力を十分発揮させられないようですね・・・。真空管アンプとの相性があまり良くないのかもしれませんが。

関連してるらしい商品

USBでの音質はどうなんでしょうか

2006.12.06 02:37 URL | z #xsUmrm7U [ 編集 ]

>>zさん
はじめまして。コメントありがとうございます。

USB接続を試してみました。コアキシャル、オプティカル接続との音質的な違いは感じられませんでした。おんなじですね。

気になる点としては、音がでなくてもずっとロックしっ放し=電源入りっ放し、になることです。
ケーブル抜かない限り待機状態にはなりませんでした。
私は結構PCを立ち上げっぱなしにするほうなので、DLIII使わないときはいちいちケーブルを抜かないといけないのはめんどうだなーと思いました。

2006.12.06 19:20 URL | skyy_golf4@管理人 #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://mp3music.blog7.fc2.com/tb.php/527-b93e4269

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。