No MP3 No Life

Life is too short for boring Hi-Fi (DENSEN http://www.imaico.co.jp/densen/ のスローガンより)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

関連してるらしい商品

明るく開放的で切れがあり、音が細かくやや線が細いが繊細すぎるということもなく、元気で躍動感がある。低域はやや薄め。高域の伸びは文句なし。特にウォームでもなく、クールでもない。

最大の特長は音の抜けの良さ。スコーンと抜けきった開放的な音で、カラッとしたピーカンの青空を見上げているような気持ちよさがある。さらにテンションが高く、のりも最高に良い。明るく楽しい音楽をさらに明るく楽しくしてくれるヘッドホンで、そのイメージは夏!海!青空!水着姿のブロンド嬢!(笑)という感じ。ただし、ソースによっては抜けの良さ故にスカスカに聴こえてしまうこともある。

音場はそれほど広いほうではないが、定位はしっかりしており、その個々の音それぞれに距離感が感じられる。立体感のある音場で場に空気感が漂う。


装着感は最悪・・・らしいが、私は幸い至って快適。重量が軽く、側圧も自在に変更できる分、どちらかというと良い方の部類に入る。私の耳が寝ているからかな?ざらざらとした材質のイヤーパッドのため購入当初はちょっと耳がひりひりしたが、それもすぐに慣れた。


テンションが高くからっとした開放感溢れるその音は、US、ブラジルなどの南北アメリカ、ラテン系のロック、ポップス全般との相性が特に良く、その中でもUS西海岸系全般には最高に合う。夏!海!青空!水着姿のブロンド嬢!というRS-1に対する私のイメージはここから来ていることは間違いない(笑)

Jazz、ClubJazzもいい。低域がやや薄く元気で明るすぎるため何にでも合うとは思わないが、立体感、空気感のある音場で臨場感のある演奏が楽しめる。

女性ヴォーカルはしっとり艶々、というよりも爽やかで瑞々しい。その表現力はK701、ATH-AD2000に負けず劣らず素晴らしく、繊細な曲も問題なく女性ヴォーカルもの全般楽しめる。

楽器では、特にギターの表現が素晴らしい。ドラムスもATH-AD2000に比べればやや軽いが、他の開放型に比べると迫力がある。


よくRS-1はまったり気味というレビューを見るけど、私の場合そういう印象はあまりなく、この感じ方の違いはAT-HA5000(HPA)との組み合わせ故か、所有しているヘッドホンの違いによる相対的な感覚によるものか(GRADOはRS-1しか持ってないしなぁ)、単にまったりという感覚の尺度の違いか(IKEMIで聴くロックを十分楽しいと感じる感覚の持ち主だしなぁ)・・・。

RS_1_05


明るく楽しく音楽を楽しむには最高のヘッドホン。


購入時期:2006年5月

関連してるらしい商品

RS-1の魅力が伝わってきますね

確かに普段の環境や音の好みで、
言葉の尺度って違ってくるものなのでしょうね・・・
そのへん、私も自分で記事を書く際、常々感じています

2007.01.27 18:03 URL | ためごろう #m6o9brOE [ 編集 ]

>>ためごろうさん
コメントありがとうございます。

同じ言葉を使っていても、おっしゃるようにその尺度は人それぞれで、その基準を明確にした上で語っているわけではないですしね。

そういう意味ではハイエンド・ヘッドホン・ショーや試聴会のような、全員同じ環境で聴き、意見交換ができる場は大変貴重なのだと思います。おうらやましい(笑)。

2007.01.27 23:56 URL | skyy_golf4@管理人 #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://mp3music.blog7.fc2.com/tb.php/561-8970d72f

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。