No MP3 No Life

Life is too short for boring Hi-Fi (DENSEN http://www.imaico.co.jp/densen/ のスローガンより)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

関連してるらしい商品

iTunesにCDを取り込むとき、設定するアートワーク(ジャケ写イメージ)は、CDジャケットを自前でスキャンしたjpegファイルを使用している。ネットから探してきてもよいのだが、簡単に見つからない、もしくはネット上にないCDも多く、いちいち探すのが面倒なため一律スキャンすることにしている。

スキャン時の設定は解像度が150dpi、それでサイズがだいたい700×700になる。

で、このスキャン画像、赤色はノイズがのり汚い。安いCanon製のCISセンサータイプのスキャナ(LiDE 70)を使っているせいかなぁ、CCDタイプのスキャナに買い換えようかなぁとか考えていたんですね。

まぁその前に一応設定とか見直してみよう、ということでいろいろ試しみたところ、どうもjpegに変換するときにノイズがのっているっぽいことが分かりました。スキャン時に保存するファイル形式をBMPにすると、ノイズがないのです。で、そのBMPファイルをjpegに変換すると今までと同じノイズがのる、と。所謂”標準”と言われる圧縮率でです。で、これを”低圧縮率”にするとかなりノイズは軽減されました。圧縮率を下げるのでファイルサイズが大きくなりますが、だいたい”標準”jpegが仮に50kb程度とすれば、”低圧縮率”は80kb程度。

一応ネットで調べてみると、特に画像サイズが小さい場合はやはり赤はノイズがのりやすいようですね。

ということで、買い替えはなし(残念、笑)。これからはjpegの圧縮率を下げてスキャンすることにしましたとさ(まぁCISセンサーの画質そのものにもひょっとしたら問題があるのかもしれませんが)。

ひょっとして、これって常識だったのだろうか・・・

関連してるらしい商品













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://mp3music.blog7.fc2.com/tb.php/602-26749187

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。