No MP3 No Life

Life is too short for boring Hi-Fi (DENSEN http://www.imaico.co.jp/densen/ のスローガンより)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

関連してるらしい商品

ヴァカンス・クラブ・ミュージック(ライナーノートより)

オールウェイズ・・・Amazonで詳しく見る by G-Tools
1995年 / espiritu / always ... (東芝EMI)

アシッド・ジャズにラテンテイストとボサノヴァ風な女性ヴォーカルを絡ませてみたら、とっても色彩豊かでトロピカルでおしゃれでポップなクラブ・ミュージックができました、という感じのアルバム。これから暑くなる季節にはぴったりの1枚。

アシッドジャズ界の一流どころが参加したプロデューサー、アーティストがなかなかすごいです。クリス・バングス(ワークシャイのプロデューサー)、ネリー・フーパー、ポール・ウォーラー(スタイル・カウンシルのポール・ウェラーではない、笑)、ニック・タルボット(ガリアーノ、カーリーン・アンダーソンのアルバムに参加。こちらは本当のスタイル・カウンシルの片方、笑)、他にデズリー、スイング・アウト・シスター、ブラン・ニュー・へヴィーズ、ジャミロクワイ等々に参加したミュージシャン達など、当ブログでも結構おなじみのアーティストに絡んでいる方々が参加しています。単にポップでおしゃれなだけでなく、かなり聴かせる内容にもなっていて、かつ個々の音が心地よいものになっているのはさすが。というか、単に私の好みなだけだろ!ともいうかもしれない(笑)

エスプリトゥ(本名:ヴァネッサ・キノネス、フランス人の父とペルー人の母を持つ混血)のヴォーカルはボサノヴァ風で軽やかにさらッとした感じだが、なかなか艶があり色気も感じさせる。非日常的なヴァカンス気分を味わえるアルバムだが、彼女のヴォーカルが一役買っていると思う。

アルバム前半は特に爽やかで、お昼のドライブにぴったり。後半はよりクラブっぽくなっていて夜のドライブに合いそう。

M-3 ALWAYS SOMETHING THERE TO REMIND MEはバカラックのカヴァー。

試聴:古い国内盤(海外では発売されなかったのかな・・・)のため試聴できるところを探せず。

amazonにジャケ写がないので、アップしときます。

espiritu_01


このヘッドホンで聴きました:RS-1
RS-1で聴くこのアルバムは気持ち良すぎ。爽やかで開放感があって曲の雰囲気にぴったり合います。南国のトロピカルなリゾート気分も味わえるし。RS-1って色彩鮮やかな暖色系の音ととも言えるなぁと思いました。

/F/UK/POP/RS-1/LATIN/ACIDJAZZ/DDRIVE/FAVALBUM/

関連してるらしい商品













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://mp3music.blog7.fc2.com/tb.php/624-322e354b

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。