No MP3 No Life

Life is too short for boring Hi-Fi (DENSEN http://www.imaico.co.jp/densen/ のスローガンより)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

関連してるらしい商品

楽しそうです。

Goodbye BluesAmazonで詳しく見る by G-Tools
2008年 / The Hush Sound / GOODBYE BLUES (Decaydance/Fueled By Ramen)

USの4ピース・バンド、ハッシュ・サウンドの3rd。1st2ndとも当ブログで紹介している、ピアノとギター、男女ツイン・ヴォーカル、繊細な楽曲が特徴的で、私のお気に入りのバンドの最新アルバムです。

今作は60年代の雰囲気を全面に押し出したどちらかとういうと明るく楽しい内容。3作目となり余裕もできたのか、前作にあったような繊細で触れば壊れそうなピンと張り詰めた尖がった部分は随分丸くなりました。その分音楽を楽しんでるなーというのが伝わってきます。いいですね。

視聴:myspaceで2曲。("Honey"、"Medicine Man")

このヘッドホンで聴きました:RS-@1
このコーナーもマンネリ気味なので、今日はヘッドホンはRS-@1ひとつに絞り、AT-HA5000とGCHAで聴き比べてみました。GCHAはAT-HA5000と比べると音場が広く余裕のある鳴りっぷりが印象的で、曲にゆったりとした印象を与えます。さらに高域がAT-HA5000ほどきつくなく、それがエッジの丸い音を感じさせます。低域もやや締まりがありません。AT-HA5000はタイトで高域が目立ちますがそれが繊細さやエッジのある音につながっているようにも感じます。ということで、このアルバムについてはAT-HA5000のほうが私としては好みの音でした。

ちなみに、AT-HA5000は電源ケーブルにAETのSCR ACを使用していますが、GCHAは付属のものです。かたや実売4万円程度の電源ケーブルと付属のものとで比較するのは卑怯ですが、GCHAにSCR ACを繋いでみたところあまり変わらなかった(実際には細かいところで変わってはいるのですがAT-HA5000ほど劇的には変わらなかった)ので、今回は付属のものを使用しました。

/F/US/ROCK/RS-@1/FAVARTIST/

関連してるらしい商品













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://mp3music.blog7.fc2.com/tb.php/797-78cabe18

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。