No MP3 No Life

Life is too short for boring Hi-Fi (DENSEN http://www.imaico.co.jp/densen/ のスローガンより)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

関連してるらしい商品

CDをiTunesに登録する際に、ジャケ写はスキャナで取り込んでいます。ファイル形式はTIFF形式で保存、若干画像補正した後JPEGで保存し、それをアルバムアートとしてiTunesに登録という流れです。で、TIFF形式からJPEGに変換する際に、赤は見た目明らかにノイズが乗るのが悩みでした。

が、最近JPEG変換時にサブサンプリングという設定をいじれば、かなり改善されることを知りました。まぁ常識レベルの話なのかもしれませんが、一応紹介しておきます。

私は画像処理にはフリーのGIMP2を使用していますので、以下GIMP2でのやり方です。(他のレタッチソフトでもたぶん、サブサンプリングの設定はできると思います)

JPEGで保存するときに下の画面が開きますので、"詳細設定(A)"をクリック
jpeg_save

下の画面になります。真ん中あたりに"サブサンプリング(B):"という項目があります。設定値は"2x2,1x1,1x1 (最小ファイルサイズ)"となっています。
jpeg_4_1_1


この状態で保存すると、かなり赤は汚くなります。

このサブサンプリングの設定値を"1x1,1x1,1x1 (最高品位)"とすることで結構きれいになります。
jpeg_1_1_1


ちなみに実際にどれほど違うか見てみますと、これが2x2,1x1,1x1
red_jpeg_2

そしてこれが、1x1,1x1,1x1
red_jpeg_1

結構違いますよね?

まぁ最高品位ということで、1x1,1x1,1x1で保存するとファイルサイズは少し増えますが、やっぱりきれいなほうがいいので、今は1x1,1x1,1x1で保存しています。

どうもジャケ写の色がきれいにでないな、という方はお試しあれ。

関連してるらしい商品













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://mp3music.blog7.fc2.com/tb.php/852-5f99c422

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。